強烈な小型シンセArturia 「MicroFreak」の限定Vocoder Editionリリース!

通常版MicroFreakを買ったばかりの人もまだ泣かないで!
SHARE
2020.08.28 02:30

昨年発売され、その奇妙なルックスで話題となったArturiaのMicroFreak。


今年に入ってからファームウェアのアップデートも入り、コードモードやあらたなオシレーターも追加されるなど活発な動きがあったが、突如新たな限定版Vocoder Editionが追加された。

Vocoder Editionは数量限定となっており、399ドルで発売される。小型シンセながら評価の高かったサウンドに、ボコーダーも加わることでさらなる注目を集めそうだ。

 



MicroFreakの機能はそのままボコーダー化


新エディションには、強烈なルックスと演奏感を提供するPCBキーボード、豊富なデジタルオシレーターやアナログフィルターなどのオリジナル機の機能はそのままに、16バンドボコーダーモードとグースネックマイクが同梱されている。

本体カラーもオリジナルの黒からホワイトに一新され、おそらくはグースネックにかけたと思われる白鳥のグラフィックも追加されている。


オリジナルMicroFreakユーザーへも無償でアップデート提供


ちょうどMicroFreak買ったばかりなのに・・と、泣きそうになっている方へも朗報。Artriaではすでにファームウェアアップデートをリリースしており、2.1ファームウェアへアップデートすれば16バンドボコーダーモードが搭載される。

アップデートはすでにリリースされているため、今すぐボコーダーを楽しめる。限定のボコーダーエディションはすこし価格が高く設定されているので、つまり買ったばかりのあなたも優勝だ。

ファームウェアのダウンロードはこちらから。





この日のために埋め込まれていたTRRS端子


気になるマイクの部分は、背面のヘッドフォン端子が3.5mm TRRSとなっており、オリジナルMicroFreakも今回のアップデートでマイク入力が可能となる。つまり昨年の発売時点からこのボコーダー化は予定されており、ヘッドフォン端子はTRRS入力のできる端子が埋め込まれていたということだ。


おそらくは一般的なスマホ用の4極ステレオミニのマイクなどを接続すれば使えるものと思われるので、スマホ購入時についていて、なんとなく引き出しにしまっていたTRRSのマイク付きイヤホンがあれば試してみよう。ちなみにTRRS入力はドラムマシンなど外部音源を入力し、ボコーダーで変調する用途にも利用できる。




デジタルなきらびやかさとアナログフィルターのベストマッチ


もともと評価の高かったキラキラとしたデジタルオシレーターと、クリーミーなアナログフィルターの織りなすサウンドは、ボコーダーボイスにもマッチしている。同社ウェブサイトにてプリセットを試聴できるので、ボコーダーを探していた方はぜひ聴いてみよう。


低価格で導入できる小型シンセでかつボコーダーも搭載となると、実は選択肢はそう多くない。

MicroFreakはデジタルなルックスもさることながら、明確な個性のあるサウンドやArturia製シンセの特徴であるマトリクスによる柔軟な音作りなど、昨年の小型シンセ界隈では注目を集める存在だった。

そこへさらに今回のボコーダー搭載で、同種の製品とくらべても一段上の存在となりそうだ。




このほかの仕様は以下の通り


•256のプリセットスロットと224のファクトリープリセット

•可変インスツルメントプレーツエンジンと新しいボコーダーモードを含む14の可変デジタルオシレーターモード

•グースネックマイク

•アナログ可変フィルター、12dB /オクターブ、レゾナンス、ローパス、バンドパス、ハイパス

•ADSRエンベロープ

•エンベロープとLFOの2つのモードを提供するサイクリングエンベロープ•

同期付きLFO:サイン、三角波、ソー、スクエア、ランダム、スルーランダム

•5つのソースと7つのデスティネーション(3つのカスタムデスティネーション)を持つ変調マトリックス

•モノまたはパラモード–最大4ボイス

•コードモードでコードシェイプをプログラムし、それを任意のノートで演奏できます

•スケールクオンタイズで白鍵に特定のスケールを設定

•ポリフォニックアフタータッチ付き25キー

•タッチストリップ

•編集およびパラメーター値用の鮮明なOLEDディスプレイ

•強力なマルチモードアルペジエーター:アップ、オーダー、ランダム、パターンモード

•スパイス&ダイスゲートランダマイザー

•64ステップシーケンサー:2プリセットごとのパターン、プリセットごとに4つのオートメーショントラック

•CV /ゲート/ Mod出力

•USB、クロック、MIDIイン/アウト

•6.35mmマスターおよび3.5mmヘッドフォン出力



written by Yui Tamura


source:

https://www.arturia.com/products/hardware-synths/microfreak-vocoder/overview

photo:

https://www.arturia.com/products/hardware-synths/microfreak-vocoder/overview





SHARE