m-flo LISAのお悩み相談室「好きな仕事をしてるけど、あんまりお金がなくてちょっと焦ってます…。」

【ラジオ書き起こし】m-flo LISAのお悩み相談室。好きな仕事ができているけど、あまり貯金ができず焦りを感じる、という男性の悩みをズバッと解決!
SHARE
2019.01.07 05:00

2018年11月にblock.fmで放送された、m-floのオリジナルメンバーLISAによる特別番組「That’s the Way of LISA姐 ~ m-flo LISAのお悩み相談室」のレギュラー放送化が決定! 毎月LISA姐があなたのお悩みをズバズバ解決!


「That’s the Way of LISA姐 ~ m-flo LISAのお悩み相談室」


配信中:毎月第2木曜日  20:00 - 21:00



m-floのオリジナルメンバーLISAがリスナーから寄せられたお悩みを電話でズバッと解決。好きな仕事ばかりしてきたものの、貯金ができず漠然とした焦りを抱えているという31歳ライター男性の悩みに回答していました。




相談者:どうもはじめまして。


LISA:はじめまして。ありがとうございます。Can I have your name? 名前を教えてください。


相談者:はい。トミーです。


LISA:トミー。差し支えなければ、いくつ?


相談者:僕、31になります。


LISA:31歳。OK。トミー、じゃああなたのお悩みを聞こうかしら。


相談者:ええと、悩みというか僕、いまライターの仕事をしているんですけれども。音楽のことだったりいろんなことについて書かせていただいているんですけど。それは自分が好きでやっているんですが、なかなか貯金ができないっていう悩みがひとつと……。


LISA:うんうん。好きなことをやっていて、貯金ができないね。うん。これはよく聞く話よ。そして、そして?


相談者:そして、僕いま31歳っていう年齢もあって、若い人たちの才能あふれるところを見ていると、羨ましく思う反面、焦りを感じてしまうところもあったりして。


LISA:その焦りって何焦り? 金銭焦り?


相談者:「俺、大丈夫かな?」みたいな。若い子たちがこんなにキラキラがんばっている中で、ちょっとコンプレックス的な……。


LISA:要するに、「好きなことだけやっていていいのかな、俺?」っていう悩みなの? それとも、「俺、あんまり金がないけど大丈夫なのかな、これ?」っていう。どっちの方にベクトルが行っているの?


相談者:「あんまり金がないけど大丈夫かな?」の方が大きいかなと。


LISA:ああ、両方ブレンドしている感じね(笑)。なるほどね。まあ、リアルよね。そして?


相談者:それで、リサさんも若くしてm-floとして……20周年ですよね。おめでとうございます。


LISA:ありがとうございます、本当に。うん。


相談者:それで、注目されたというか脚光を浴びたじゃないですか。


LISA:ええ、一時ね。


相談者:「一時」(笑)。まあ、浴びて。で、もちろん好きなことだからこそ、できた。色々がんばれたと思うんですけど、そんなリサさんは今でも自分のスタイルを貫いているので。自分に自信がわくようなアドバイスをいただけたらなと思うんですけども。


LISA:なるほどね。なんかあなたのしゃべり方はすごいルンルンだけど、内容は割と深いよね。


相談者:えっ? しゃべり方は軽率ですかね? 大丈夫ですかね?(笑)。


LISA:いや、ルンルンでいいんですよ。あなた自身がエンジョイしている。そして仕事で好きなことをやりながらエンジョイしている感っていうのも、私たち声を扱う仕事だから、声を聞いているだけで弾んでいる感が出ていていいよ。それはすごくいいと思う。


相談者:本当ですか?


LISA:だってさ、ドン暗い声で電話されてさ、ドン暗い感じよりかは、あなたは今まだ大丈夫なんだなっていうのが声を聞いただけでわかる。だからきっと思っているほど君は悩んでいない。


相談者:ええっ?(笑)。


LISA:いや、違うんです。それでいいんです。好きなこと。私もたしかに大変でした。好きなことをやれる時期もあったし、そうじゃない時期もあった。波があったんだよね、ワーッて。それだけを、m-floとできる時とソロになってそれができなくなる時。で、またソロでそれができる時、またできない時。またm-floと出会ってそれができる時、できない時っていうのがあるんだけどさ。


相談者:はい。


LISA:やっぱり好きなことができない時の方が人ってものすごく人生経験とか、うーん、そうね。また違うところにやっぱり自分のライフっていうかマインドステートがシフトしていく分だけ、要するになんていうのかな? 外勉強ができる時期なんだよね。好きなことをやっている時っていうのはもう自分の好きなことしかやっぱり見えてないのって、意外といいようであんまりよくもないんだよ。やっぱり1回輪の外に出て、自分のワールドから出て、その自分のワールドってどういう風に見えているんだろう?っていうのを外から見るっていうこともすごく大事なんだ。


相談者:はい。


LISA:で、これによってお金マターっていうのがついてくるかついてこないかっていうのはちょっとわからないけど、とにかく好きなことができていて、どうにかメシが食えているならYou are lucky. Very very lucky!


相談者:ああ、うれしい(笑)。


LISA:私もお金がとっても辛い時期だってそれはもちろん、ミュージシャンですからそんなのあります。ただ、これを続けていい、続けちゃいけないとかそういうのはサイクルでしか来ないし。あなたがもうばっちり辞めない限りはこれは続くよ。ただ、知ってほしいことがひとつあって。すごくいい時ってすごくいいけど、すごくダメな時っていうのがすごくいい時だからね。


相談者:ああー。なるほどですね。


LISA:すごくいま辛いな、ダメだな。いまキツいなっていう時が人生でいちばんいい時だから。それがかならず勉強になるから。かならず! 忘れないで。


相談者:はい。わかりました。


LISA:ちょっと話が外れたかもしれないけど、私がまたm-floと出会うまでの道のりはそうだった。悪い時がいちばん勉強になった。で、今いちばんそれが歌詞で活きている。


相談者:なるほどですね。


LISA:うん。大丈夫かな? ちゃんと答えられているかな?


相談者:はい。ありがとうございます。もう言ってないこと、相談してないことまで励ましてもらった感じが……。


LISA:ごめんね。私、まったく違うところに走っちゃったかもしれないけども。


相談者:いえいえ、逆にありがたいです。なんか、言ってほしいことを言ってもらえたんで。さすがだなって。


LISA:でも自分がすごく好きなことしかやれていなくてご飯が食べれているっていうこと、神様にすごく感謝してね。やっぱりそれをしたくてもできない人、いっぱいいるから。


相談者:ああ、なるほどですね。はい。わかりました。


LISA:ねえ。大丈夫かな?


相談者:大丈夫です。


LISA:ありがとう!


相談者:はい。ありがとうございます!


LISA:トミー、ごめんね。私が違う方向に行ってしまっていたらば。


相談者:いやいや、全然です(笑)。


LISA:OK, thank you so much. Thank you for calling, OK?


相談者:ありがとうございます!


LISA:All right. Bye bye.




【お悩み相談バックナンバー】

m-flo LISAのお悩み相談室「同棲中の彼氏と元カレ、どっちを取るべき?グラングラン揺れてます…!」



番組情報


▶「That’s the Way of LISA姐 ~ m-flo LISAのお悩み相談室」


放送日:毎月第2木曜日 20:00 - 21:00 O.A.


番組URL : https://block.fm/radios/655


前回の放送でもその破天荒振りが健在のLISA姐さん。どんなお悩みに答えてくれるのか? みんなで番組を聴いて”Feel”していこう!


written by みやーんZZ

SHARE