m-flo LISAのお悩み相談室「恋愛の仕方がわからない。一度も恋人ができたことがないんです…。」

「今まで一度も恋愛の経験がない」という23歳の女性に、LISAがかけた言葉とは?
SHARE
2019.02.26 08:30

m-floのオリジナルメンバーLISAがリスナーから寄せられたお悩みを電話でズバッと解決。いままでまだ誰とも恋愛経験がないという23歳女性の悩みに回答していました。


2018年11月にblock.fmで放送された、m-floのオリジナルメンバーLISAによる特別番組「That’s the Way of LISA姐 ~ m-flo LISAのお悩み相談室」のレギュラー放送化が決定! 毎月LISA姐があなたのお悩みをズバズバ解決!


「That’s the Way of LISA姐 ~ m-flo LISAのお悩み相談室」


配信中:毎月第2木曜日 20:00 - 21:00 O.A.





LISA:今日はお電話ありがとう。名前をじゃあ、聞かせていただけますか?


相談者:マユです。


LISA:マユ、OK。年齢を教えてもらっても大丈夫かい?


相談者:はい。23です。


LISA:23歳、マユ。OK、今日はThank you so much! そして、お悩みを聞かせてもらっていいですかね?


相談者:ええと、悩みはまずひとつが自分に自信が持てないことと、あと私が……これを言ったらだいぶ恥ずかしいんですけど。恋愛経験が一度もないんですよ。


LISA:なるほど。


相談者:で、周りの友達は結構順調に、まあ彼氏さんがいたりとか。同棲をしていたりとか、順調に進めているんだけども、私だけ進めていないっていう感じですかね。


LISA:うんうん。要するに結婚をしていないとか、恋愛経験がないとか、そういうのがちょっとおかしいんじゃないかぐらいに思っているっていうこと?


相談者:恋愛の仕方がわからないっていうのもそうなんですけども。


LISA:でもなんか好きになった人はいるの? この人を見るとハートがドキドキするとか。


相談者:そうですね。過去に何回かはあったんですけど、大抵私が好きになる人に限って彼女さんがいたりとかするんですよね。


LISA:うんうん。なるほど! じゃあちょっとモテるチックな人を選んでしまうっていうこと?


相談者:そこまででもないんですけども。


LISA:なるほど。じゃあ、恋心というのはもちろん持ったことはあって、ただ彼氏を持った経験というのはなくて……っていうことでしょう?


相談者:そうですね。


LISA:なんかフレッシュでいいじゃん!


相談者:一度だけあったんですけども。


LISA:一度だけあった?


相談者:担任の先生を好きになっちゃった時があって。


LISA:担任の先生を好きになったことがある? フフフ、なんかあれね。とってもドラマティックで、そういうドラマもあるよね。映画とか、そういうのね。


相談者:でも生徒と担任って付き合っちゃダメじゃないですか。


LISA:ええ、ええ。そりゃそうね。


相談者:なので、教師をクビにしてまで付き合いたいかって言われるとそうでもないとも思って。そこは自分からきっぱりと断りまして。


LISA:ああ、なに? 先生から「好き」って?


相談者:あの、一方的に好きだったのは私なんですけど、向こうは向こうで「付き合ってもいいよ」っていう感じだったんですよ。ただ、それはそれでなんか逆に申し訳ないという感じで。


LISA:うんうん。いや、「申し訳ない」っていうかちょっと不思議だもんね。で、あってはいけない年齢系の先生なの? あなたがいくつでその先生はいくつだった時の話なの?


相談者:先生が32で私がハタチの時です。


LISA:ああ、じゃあなんかダメじゃないね。


相談者:そうですね。ダメではないですけど、あくまでも女生徒と教師っていう関係なので。それはちょっと、どうなんだろうな?っていう感じで。


LISA:ええ、ええ。あのね、私はあなたの悩みがいったいなんなんだろう?って思うぐらい、いまあなたが経験をしていなくて、彼氏ができたことがないっていう状態はなんかWhat a Blessing!っていうか。神様からもらったとてもピュアでフレッシュなプレゼントだっていうぐらい。そういう風に思ってほしい。


相談者:本当ですか?


LISA:私なんてもう14歳からめちゃくちゃよ! アハハハハハハッ! うん、私はもうね、若い頃からハチャメチャすぎて、逆にいまあなたぐらいの歳であれば私、クリーンでいたいもん。


相談者:うん……。


LISA:とってもピュアできれいでいたいんですよ。実は。で、やればやるほど……ってSEXじゃないよ。生きれば生きるほど後悔するんだ。若かった頃、もうちょっと考えて動けばよかったなとか。なんかあの時、焦って男を作る必要もなかったなとか。逆にピュアであなたみたいに彼氏ができたことがあまりなくて……っていう人の方がうらやましくてね。


相談者:ああ、本当ですか?


LISA:うらやましいです。私、できることならきれいにしたい。もう消したい過去なんて無限にあって。なんかピュアってすごくいいよ。だから逆になんか誇らしく、そうであって。本当にめぐり会わなきゃならない時が来たら、そういう時って自分から探さなくても来るからさ。なんか逆にうらやましい。変に汚れないでほしい。私からしてみれば。汚れるっていうか、変な男に抱かれてもほしくないし。


相談者:フフフ(笑)。


LISA:いや、本当に本当に。いろんな意味でヴァージンでピュアだったとしたら、それはもうKEEP!って思っている。


相談者:うん。


LISA:それってね、悩みじゃなくて逆にギフトだと思ってください。


相談者:はい。


LISA:ねえ、マユ。本当に。


相談者:はい。


LISA:OK。マユ、ちゃんと答えられたかどうかわからないけど、本当に自分を大事にして。逆に23までそうやってピュアでクリーンでいられたことの自分をYES!って思ってあげてください。ねえ。


相談者:はい。


LISA:大丈夫かな、こんなんで?


相談者:フフフ(笑)。


LISA:また私たちのコンサートに遊びに来てね!


相談者:はい、わかりました。


LISA:ありがとうございました! またね。See You Soon!




今までの番組の様子はこちら。

「同棲中の彼氏と元カレ、どっちを取るべき?グラングラン揺れてます…!」

「好きな仕事をしてるけど、あんまりお金がなくてちょっと焦ってます…。」

「新しいことにチャレンジするのが苦手。どうしたらLISAのように前向きでいられる?」

「好きな男の子と初デートに行けたのに、恋愛相談をされちゃった…」


番組情報

▶「That’s the Way of LISA姐 ~ m-flo LISAのお悩み相談室」

放送日:毎月第2木曜日 20:00 - 21:00 O.A.

番組URL : https://block.fm/radios/655


前回の放送でもその破天荒振りが健在のLISA姐さん。どんなお悩みに答えてくれるのか? みんなで番組を聴いて”Feel”していこう!


written by みやーんZZ



SHARE