【m-flo再結成】「待っててくれてたファンをいつも実感してた」VERBAL、再始動に向けた独占インタビュー

LISA復帰、デビュー25周年、「再結成」の衝撃メッセージの謎に迫る本人インタビュー
SHARE
2017.12.14 21:01

突如、15年ぶりの「LISA」の復帰と、デビュー20周年となる2018年の「再結成=REUNION」という衝撃のメッセージを発表したm-flo。新世代スタイルと未来的な音楽性を駆使して、日本のJ-POPシーンの限界を押し広げきたクリエイティブ・ユニットのm-flo。新しいミュージック+カルチャー+テクノロジーの可能性を探し続ける彼らが、2018年の本格始動に先駆けて向かったのは、誰もが待ちわびたオリジナルメンバー三人での新たな可能性を探ることだった。block.fmでは、VERBAL、LISA、☆Taku Takahashiの3人個別に、独占取材を敢行、「再結成」の背景と、彼らの未来に迫ったインタビューを行った。



メンバー個別のインタビューはこちらをチェック。

LISAインタビュー : https://block.fm/news/mflo_LISA

☆Taku Takahashiインタビュー : https://block.fm/news/mflo_taku

m-floより世界に一つだけの特別なプレゼント! : https://block.fm/news/mflo_reunion




▷ まず始めに、三人でm-floを再結成するキッカケはいつ頃生まれたんですか?


VERBAL:去年の年末に、毎年恒例のユニバーサル・スタジオ・ジャパンさんのカウントダウンイベント(『ユニバーサル・カウントダウン・パーティ2017』)で、☆Takuとm-floとして出る予定だったんですが、僕が去年北海道で交通事故にあって、入院することになっちゃって。それで、僕の替わりにLISAが出てくれたんです。彼女とのライブが盛り上がって、話題性も高まったことも大きくて。そこから「また三人で音楽やろうよ」って話になっていったという流れですね。


▷ アイデアとはして具体的に固まったのは、2017年に入ってからですか?


VERBAL:2016年から具体的な話っていうよりもアイデアとしては浮かんでいて。で、USJのライブを通じて、三人のm-floを再結成しようと一致団結できたのが一番のキッカケでしたね。


▷ LISAさんとの作業は、久しぶりな感覚はありました?


VERBAL:僕と☆Takuは、いつかLISAとはまた一緒に曲作りたいねって常に話していたんですよ。『BEAT SPACE NINE』でもフィーチャリングしたり。お互いのソロ活動で時間が経っちゃって、今のタイミングになったんですけれど、気持ちとしてはいつも思っていました。でもやっぱり、スタジオに入ったら、LISAにしかできないことがありますし、m-floとして一緒にいるとしっくり来ますね。


▷ 今回のレコーディングは、m-flo初期のアプローチと比べてどのように変化してますか?


VERBAL:いろんな面ではっきり変わってますよ。デビューした1998年の頃って、僕たちミュージシャンとしての振る舞いを知らなかったので、がむしゃらにカッコイイ作品を作ろうって気持ちが強かったんですけど、それが「ヒットの方程式」として正解なのか、トレンドに早いのか遅いのか、とか関係なく、自分たちの感じるままに曲を作っていたんですよ。時を経て振り返ると、僕はいろいろなアーティストさんとフィーチャリングさせて頂いたり、m-floとして「Loves」をやったりする中で、音楽だけじゃなく、それ以外のことも経験させていただきましたが、今回LISAと☆Takuとスタジオに入ったら、やっぱり特別なフィーリングを改めて感じますね。「やりやすい」とかそういうことよりも、「これだ!」みたいな”しっくり感”とか、気兼ねなく素がだせるところはやっぱりいいなって。LISAの場合、やっぱりバンドメイトって言葉が正しいかな。もちろんリスペクトする部分は大きいですし、LISAのことも立てますよ(笑)。でも、この三人だから思ったことを言い合える。


僕個人だと、最近は慣れもあるんですけど、スタジオに行ってからフィーリングで言葉を考えるケースが多いんです。昔は作って持って行ってたけど。スタジオでビートを聴いたり爆音で聴いたり、アーティストやスタッフと話してから、言葉を考える方がリアルな歌詞が生まれやすかったりするのかなと思ってますね。


決定的な今までとの違いは、三人とも大人になった。以前は「俺! 俺!」の部分が強かったかな(笑)。相対的に全体を見れてなかった。でも、☆Takuも制作で言うと映画やドラマのサントラやったりblock.fmをやったり、みんな特別な経験を積み重ねてくると、「AじゃなくてBでも良い曲作れるよね」って気持ちになってきてる。あと、デビューの頃は、やりたいことを1曲に全部打ち込もうって気持ちが強くなるんですよ。今だと余裕持って俯瞰して曲作りができるようになったのは以前とは違いますよね。


▷ 曲作りの面にもその”しっくり”した感覚は反映されました?


VERBAL:LISAが僕によく言ってくるんですけど、「VERBALのラップって、最近ワンパターンじゃない?昔みたいにブッ飛んだこと言ったほうがイイよ」って言うんですよ(笑)。そーかなーって思って自分のリリックノートとか使わなかった歌詞のストックを見返したら、昔は良い意味で変な感じがあって、「そうだったなー」と納得しました。それからは、歌詞の書き方も一回初心に戻って書くようにしてます。


LISAは、湯水のようにメロディがバンバン湧いてくるんですよ。最近聴かせてもらった曲も全部良くて!☆Takuが昔と変わらないのは、最初にくれるトラックがメモレベルなところ(笑)。「come again」作った時なんか、最初はドラムしかなかった(笑)。どんなテーマか、全くわかんないけど、とりあえず僕がラップ書いて、LISAが歌をレコーディングするっていうプロセスで。今はそこまでじゃないですけど、僕たちがラフな録音した素材に☆Takuがストリングスとか肉付けしていくプロセスは昔と変わらずで。この前もLISAが文句言ってましたけど。「最初からもっとコンプリートな形で聴きたい」って(笑)。でも☆Takuは、昔から作業が超速いんですよね。アイデアが沢山あって、昔よりもスケールアップしてる。二人共、すごく昔よりも進化してますね。


▷ 三人で音楽の話で盛り上がったりするんですか?


VERBAL:LISAは「日本より海外で音楽聴くほうがバイブスがいい」とかしょっちゅう言ってますよ。僕と☆Takuの場合、音楽の話のみならず「このYouTubeやばいよね」とか「このテクノロジーかっこいいよ」とかあらゆる領域で情報交換してる感覚ありますね。


▷ 今回の作品で目指している方向性はどうお考えですか? 例えば世界を狙いたいとか。


VERBAL:世界を狙うっていうより、やっぱり良い音楽って常に人の心に刺さるので、そこは意識したいですね。





▷ m-floのメンバーとしての活動を、今はどのように感じてられますか?


VERBAL:僕たちにとってのm-floはアットホームな感覚で、仕事の感じがしないんですよね。あと稼ぎたいとか、有名になりたいっていうプロジェクトじゃないんです。じゃあ、何なのかっていうと、ファンのためにやりたいプロジェクト。だからと言って別に他のプロジェクトは稼ぐためって意味では全く無いですのですが(笑)。m-floの場合は、常に待っていてくれるファンの方々の存在がいつも頭にありますね。イベント行くとファンの方が「次のm-flo、いつ出るんですか?」って聞かれることが多くて。待ってくださる人がいるってことを常に実感させてもらってます。


▷ 2018年はデビュー20周年という節目の年になりますが、VERBALさんも多岐にわたる活動も展開されていますが、20年もラップし続けるって想像されていました?


VERBAL:全然想像してなかったですよ。1990年以降のヒップホップってロックアーティストと違って副業するのがカッコよくて、Puff Daddy(パフ・ダディ)がファッションやお酒のビジネスをやったり、Rick Ross(リック・ロス)がシャンパンを売ってたり、Slim Thug(スリム・サグ)が不動産ビジネスやったりして、それが盛り上がってる中で僕も音楽以外のビジネスをやっていった感じで。僕が最初に音楽以外に進出し出した頃って、日本で凄い反感買ったんですが、前の事務所に所属してた時から、許可を得た上で自分の会社を立ち上げたりしたので。「お前はラップ一本で嫁を養っていくと人に言えないのか?」とか言われましたけど「いえ、言えません」ってはっきり答えてた(笑)。ラップで食っていこうなんて現実的とは思っていなかったので、アルバム2枚目までアメリカの大学院に通って、日本と行き来してたくらいですから。でも常にクリエイティブなビジネスには携わってきているのは変わらずで、例えば僕と妻のYOONで立ち上げたブランド『AMBUSH®』も、今では渋谷にショップをオープンしまして、おかげさまでご盛況いただいていたり。昔は30歳過ぎたらラップを引退しようかなぁとか思ってましたが、まさか40歳過ぎてもステージに立ってるとは思ってなかったです。


▷ 音楽の世界だけでなく、クリエイティブな活動の幅が広がった。


VERBAL:今になって過去の経験が生かせてる感覚はありますね。アーティストマインドだけじゃない視点で仕事ができるようになりましたし、すごくクリエイティブなアイデアと、現実的な情報を並行して考えられるので。あと僕は出会いに本当に恵まれてきたと思います。「LDH」で携わらせていただいてる国際事業部の仕事も、いろいろなコラボで盛り上がっていますし。この前は☆Takuと一緒に「NAKED」の村松亮太郎社長と会って、アートとテクノロジーの話でいろいろ盛り上がったり。それも含めて、僕が今までいろいろな業種の方と国内外問わず出会って生まれたネットワークが、今になって他のアーティストさんのコラボや、企業さんのビジネスのお役に立てるようになったっていう感じですね。だから、今はむしろ自分のためのネットワークというよりも、いろいろな方をつないでいくためのネットワークを広げたいと思いますし、広げたいというマインドを持って人と出会ったり接したりすれば、相手にもその気持ちが伝わって広がりますよね。


▷ どんな人とのつながりから刺激を受けてるんですか?


VERBAL:意気投合できる人たちは、世界に目を向けている人たちですね。僕は昔からそう。世界を意識して、変わったアイデアを持ってる人、それがラップでもビジネスの世界でも業種隔たりなく。そうした人と一緒にいるのは楽しいですし、刺激を受けるので。だから、僕がコラボレーションを考える時って、相乗効果があるかということと、相手にメリットがあるかということを常に意識するんです。逆に、相手に何もメリットないじゃんって感じたら、提案もしないし、迷惑かけちゃうからお断りしたりします。相手が盛り上がらない案件って大抵上手く行かないんです。「一緒に曲作りましょう!」とかその場のノリで盛り上がって、「いいですね!」ってみんなで合意しても、結局誰もアクション取らなかったり、進まなくなったりする案件って結構見てきて。「そもそも本当にやりたかったんだろうか?」みたいな。類は友を呼ぶじゃないですけど、LDHならEXILE HIROさんが「エンターテインメントを通して世界を幸せにする」というはっきりとした理念を持っていらっしゃって、自分もそこに賛同して参画させていただいていますが、コラボレーションとか国際案件を考える時も、提案が刺さる人と刺さらない人ってはっきり分かれるんです。最近はそういった場面の嗅覚が鋭くなったので、より一層相手のやりやすさとかモチベーションとか常に考えますね。


▷ なるほど。VERBALさんはコラボや作品をエンドユーザーに届ける時は「世代」や「ターゲット」って意識されるんですか?


VERBAL:ブランドとかマーケティングだったら、年代やデモグラ、ターゲットをデータで見つけられると思うんですけど、音楽を作る場合「これやったら盛り上がるな」って自分の感覚の方を重要視してるので、ターゲットユーザーとか世代を意識して作るってことは特にしてないです。


▷ 音楽の世界でも最近はよく「若者層」や「若い世代」が強調されがちだと思いますが、それはどうお考えですか?


VERBAL:「若い世代」じゃなくて「若いマインドを持った人」だと思うんです。年齢関係なく、凝り固まった考えの人には何を言っても固定概念以外は刺さらない。若くてオープンマインド志向の人がm-floのリスナーだったから、音楽が刺さったんだと思いますし、今でも自分はそういう人たちをイメージして作品作ってます。逆に「若いマインド」は支援したいです。ハングリーでクリエイティブな若い人たちが活躍できるプラットフォームを作ってあげたいとか、いろいろアイデアはありますね。


▷ プラットフォームというアイデアは壮大ですね。


VERBAL:僕が20代だった時と、今の20代の感覚って全然違いますよね。今だと、スマホでどんな情報でもすぐ手に入るし。僕が20歳の頃ってスマホ無いし連絡手段も大変だった。☆Takuんちの電話番号とか今でも覚えてるし(笑)。あとは、夢を持つポイントとかも全然違いますよね。昔はミリオン狙う!とか紅白に出る!とかが、音楽業界のロマンだったけど、今はそこじゃなくて、もっと純粋でフラットでカッコイイことしたいアーティストやクリエイターが多い気がします。なぜなら今の時代って、「2018年にコーチェラ・フェスティバルにブッキングされる」ことが幻想じゃない時代で、好きなクリエイティブに没頭できてもっとフリースタイルな感じのやり方とかプロセスがカッコイイとされる。だからそういう人たちとは、話してて楽しいですし、応援したくなる。





▷ 次世代アーティストを育てていくことも視野にあったりしますか?


VERBAL:僕、「育成」が結構苦手で(笑)。「プラットフォーム」を作るほうが得意ですね。例えば、僕がデビューした当時って「海外の人とコラボしたい」と言っても「いやー、難しいよー」って止められて。「日本法人の担当者を通して、本国のレーベルとマネジメントに伝えて」とか、結構面倒なこと言われたんですよ。でも、僕としてはもっと早く進めたいじゃないですか。だから別の手法を勝手に模索して実践してきた。今はそうした手法やノウハウを他の人に伝授してる時期なんです。で、気付いたんです。これって音楽だけじゃなくて、ビジネスにも使える手法だって。だから日本人の若手アーティストが「あの人とコラボしたいです」って言ったら、「できますよ」って可能性を示しやすくなった。可能性が見せられれば、仕事も早くなっていく。成功体験が感じられるシステムを作って、人に使ってもらう方が結構大事だったりすると思うんですよ。


▷ 活動の場が国内外どんどん広がっていますが、VERBALさんって一日の中でどのように仕事されてるんですか?


VERBAL:最近の一日の過ごし方ですか?朝から会議、会議、会議ばっかり(笑)。僕は完全朝方なので、朝にメールとかチェックしてから、会議(笑)。レコーディングとかクリエイティブな仕事するのは、めっちゃ楽しみにしてるんです(笑)。あと海外出張が多いんです。上海とかロサンゼルス。ジムには週2,3回行って走ってますけど。今年は肋骨8本骨折して、リハビリが長くて、ウェイトトレーニングやトレッドミル走れなかったのは精神的にヘコミみました。


▷ VERBALさんの今後のビジョンを教えてください。


VERBAL:自分で音楽を作っていくのは勿論ですけど、プラットフォーム作りに力を注いでいきたいですよね。人と人をつないだり、コンテンツやビジネスを繋いだりすることに可能性を感じてますし、出会いから刺激を受けますね。


▷ 最後に、新しいm-floを誰に聞いてほしいですか?


VERBAL:まずは、ずっと待っててくれたファンのみんなに真っ先に届けたい。友達感覚で接してくれたり、乾杯したりするファンの人の顔が浮かぶんですよ。「お待たせしました」と。あとは、オープンマインドで新しい可能性を探してる人に刺さる作品になると思うので、そういう人にも届けたい。2018年にまたm-floの復活が「なんじゃこりゃ!?」って驚かれると思うんです。いろいろと良い意味で。そういう部分で人を驚かせたい。新しいことを成し遂げたいですね。


▷ 今日はありがとうございました!


引き続き、

LISAのインタビューはこちら : https://block.fm/news/mflo_LISA

☆Taku Takahashiのインタビューはこちら : https://block.fm/news/mflo_taku

m-floより世界に一つだけの特別なプレゼント! : https://block.fm/news/mflo_reunion


参照URL ▷

▶公式Twitter:https://twitter.com/mflo_official

▶VERBAL:https://twitter.com/VERBAL_AMBUSH | https://www.instagram.com/verbal_ambush

▶☆Taku Takahashi:https://twitter.com/takudj | https://www.instagram.com/takudj

▶公式Spotify:https://spoti.fi/2AyivXr


English translated version of the interview by Otaquest here


インタビュー by ジェイ・コウガミ

Visual Support by MAKI



SHARE