バンクシーがアートワークを手がけたRöyksoppのアナログ盤、88万円もの高値で販売される

2000年代の名盤『Melody A.M.』のバンクシー盤は100枚限定で当時流通していたレア盤。中古市場での価値は高騰を続けている。
SHARE
2019.09.19 05:00

2000年代に北欧ビートブームを巻き起こしたノルウェーのエレクトロデュオ、Röyksopp。そのデビューアルバム『Melody A.M.』が今、中古市場で高騰している。



高騰しているのは、アルバムのアートワークをバンクシーが手がけた限定盤だ。当時、100枚のみ流通したそのアナログレコードはDiscogsのマーケットプレイスに現在も出品されており、そのうちの1枚が今年5月に6962ドル(約75万円)で取引されていたという。しかし、7月に出品されたほかのこの限定盤は以前より高値となる8178ドル(約88万円)と高騰。この傾向を見る限り、レコードの状態さえよければ、今後はさらにリセール価格の高騰が起こるかもしれない。 


ちなみに『Melody A.M.』は2001年にリリースされたRöyksoppのデビューアルバム。北欧ビートを象徴する名曲「Eple」や「Poor Leno」が当時、クラブミュージックシーンで人気を博した。





なお、現在、Discogsマーケットプレイスで高値で取引されているのは、Led ZeppelinやPet Shop BoysらレアボックスセットやDavid Bowieの7インチ盤など。


『Melody A.M.』の激レア限定盤に関しては買い手がアナログレコードと見るか、バンクシーのアート作品と捉えるかで、その価値が変わってきそう。両方に価値を見出して資金に余裕がある人は購入を検討してみては?

written by Jun Fukunaga 


source: 

https://mixmag.net/read/banksy-painted-roeyksopp-record-sold-more-than-8-000-news


photo: 

Discogs 



SHARE