思い出とトラウマがカムバック! 『ロックマン』初期作のゲームサントラがアナログレコードで発売!

初期3作品の限定盤サントラがTGS 2018で先行リリース。
SHARE
2018.09.19 09:00

CAPCOM(カプコン)の看板タイトル『ロックマン』(海外ではMEGAMAN)シリーズは1987年に登場し30周年を迎えた。30周年を記念して完全新作『ロックマン11 運命の歯車!! 』が10月4日(木)に発売される。30年にわたって愛され続けてきたカプコンが誇る横スクロールアクションゲームの金字塔、その原点である初期3作品がLPレコードになって登場だ! 




思い出がレコードとともによみがえる! 『ロックマン』1〜3のサウンドコレクションが発売! 


筆者はアニメ『ハイスコアガール』にハマっている。90年代初頭、『ストリートファイターⅡ』がセンセーショナルに登場し、格闘ゲームブームが巻き起こっていく変遷を辿りながら繰り広げられる青春ドラマである。いきなり何だと思うかもしれないが、このアニメが非常にいい出来で、原作の良さをアニメーションという表現方法を用いてさらに魅力的にしているのだ。まだ観ていない読者諸君はゲームのワクワクと恋のキュンキュンがとまらなくなるので、ぜひとも観てみてほしい。


と、長々と前置きをしたのは、『ハイスコアガール』はレトロゲーム、特にカプコンさん(アニメを観てくれれば分かるが、あえて敬称をつけておきたい)やアーケードゲームと縁が深いからだ。


『ストリートファイターⅡ』を制作しているカプコンさんは格闘ゲームだけでなく、歴史に残る名作ゲームを数々生みだしており、その看板タイトルのひとつが横スクロールアクションゲーム『ロックマン』シリーズなのだ。1987年に第1作が発売され、30周年のアニバーサリーイヤーを迎えた。


『ロックマン』は最初のステージをプレイヤーが自由にセレクトできるため、うっかり最高難易度のステージに出撃し、一瞬で砕け散る初見殺しに泣いたゲーマーも多いはず(ステージをクリアするごとにロックマンは相手の能力を取り入れパワーアップしていくシステムのため、クリアするステージの順番やボスとの相性が攻略の鍵となる)。


幼い我々に『ロックマン』を通して情報と対策の重要性、無謀と勇敢の違いを教えてくれたカプコンさんが、『ロックマン』初期3作品のサウンドトラックを初となるLPレコードで限定発売する。


 

9月20日〜23日に開催される『東京ゲームショウ 2018』で限定盤先行販売  


上のロックマン30年のクロニクル動画を観ていただければお分かりの通り、ナンバリングタイトルが発売するのは実に8年ぶり。そして最新作『ロックマン11 運命の歯車!! 』の美麗すぎるヌルヌルグラフィックに時の流れとゲームの進化を感じずにはいられない。


9月20日〜23日、幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2018(以下:TGS 2018)のカプコンブースでは限定アイテムやキャンペーンが多数展開されるが、『ロックマン』1〜3の初期三作のサウンドコレクションが先行販売される。


9月25日からはカプコンさんのオンラインストア「イーカプコン」でも先行販売を開始。イーカプコンとTGS 2018のみで入手できる限定盤にはレコードがピッタリ入るサイズのトートバッグ付きとなっている。限定版が4,500円(税込)。通常版は3,780円(税込)となる。


懐かしの8bitサウンドで、ステージ選択時の“あの”音楽や、1の強敵エレキマンとの死闘、その先に待つ難関アイスマンステージの四苦八苦など、さまざまな思い出(トラウマ)がよみがえる! 












音楽と縁の深いロックマン


青いヘルメット、全身タイツにパンツ姿の少年サイボーグが、サイコガンのような(分かりづらいか)武器「ロックバスター」でひたすら、悪のロボットに立ち向かっていく姿はいろんな意味で“ロック”である。ロックマンの名は何を隠そう、“Rock'n Roll”に由来している。『ロックマン』は音楽用語に由来する名前が多い。ロックマンのお兄ちゃんはブルースだし、妹の名前はロールだ。敵キャラ、Dr.ワイリーの開発した鳥型ロボットには“レゲー”なんて名前が付いている。そのうち“トラップ”なんてタトゥーだらけでドレッドヘアのワルそうなロボットが出てきそうである。


最新タイトルのサントラも発売




名前だけでなくゲーム音楽にもこだわった『ロックマン』は印象に残るBGMが多い。初期3作のサウンドコレクションでこだわりぬかれた8bit サウンドを体感したら、併せて最新タイトル『ロックマン11 運命の歯車!! 』のサントラもチェック。1987年の誕生以来、進化したのはグラフィックだけではない。ゲームBGMも時代に合わせてバッチリクールに仕上がっている。


『ロックマン11 運命の歯車!! 』サウンドトラックには全ての効果音、カプコン・サウンドチームによるオリジナル・アレンジ楽曲を収録。ジャケも描き下ろされるとのこと。発売は11月14日。2枚組で価格は3,456円(税込)となっている。


TGS 2018ではこの最新タイトルの最初に選択できる8ステージ(ロックマンシリーズ伝統の通称“8大ボス”)のうち、4つのステージを先行デモプレイできるので、いちはやく最新のロックマンをプレイしたい人はカプコンブースに行ってみよう。





「俺より強いやつに会いに行く! 」『ストリート・ファイター』も30周年だ! 


余談となるが、『ストリート・ファイター』シリーズも『ロックマン』と並んで30周年。10月25日に発売の海外盤も含めた歴代アーケード12作品計24タイトルを収録した記念作『ストリートファイター 30th アニバーサリー コレクション インターナショナル』もTGS 2018のカプコン・ブースで体験プレイできるのだ。


開発陣による実況つきの対戦コーナーも予定しているとのこと。アニメ『ハイスコアガール』でアーケードゲーム熱にあてられ、レバーを持ちたくてウズいているプレイヤー諸君。久々にあのゲーセンの興奮とスリルを味わってみては? ソニック・ブーム! 





written by Tomohisa“Tomy” Mochizuki


source:

https://www.e-capcom.com/shop/g/gC00002766/

http://www.capcom.co.jp/tgs/title/rockman11.html

http://www.capcom.co.jp/tgs/goods/

http://www.capcom.co.jp/tgs/title/sf30ac.html


photo:イーカプコン,カプコン






 

SHARE