世界文化遺産・京都「上賀茂神社」にて「現代電子音楽界の巨頭」Mark Fellの150人限定ライヴが決定

【block.fm イベントピックアップ】ユネスコ世界文化遺産に登録される同地での電子音楽パフォーマンスは史上初となる。
SHARE
2019.11.21 11:00

京都で最も歴史ある神社にして、ユネスコ世界文化遺産にも登録されている「上賀茂神社」を舞台に、現代電子音楽界の巨頭として知られるMark Fellのマルチサウンド・アンビエントライヴが150人限定で12月14日(土)に開催されることが決定した。  


京都「上賀茂神社」にてMark Fellが史上初の電子音楽ライヴを行う 


UKシェフィールド出身のMark Fellは、1990年代から電子音響ユニットSNDとして活躍。ソロとしても電子音楽の最高峰といわれる「Mille Plateaux」、「Raster-Noton」、「Line」、「Edition Mego」といった名門レーベルから数々の作品をリリースしてきた、まさにこのシーンにおける”巨頭”といえる存在だ。またその実験性を兼ね備えたミニマルなグリッチ音で、“マイクロスコピック”(微細)という概念を打ち出すほど きめ細やかなサウンドが特徴的なアーティストとして知られている。





そんなMark Fellの今回のライヴでは一般的に使用されるステレオでの演奏ではなく、複数の高品質スピーカーから個別に音を鳴らし、 室内環境の反響音や外部の環境音がライヴに取り込まれ、神の小川が流れ、神聖な空気が漂う境内だからこそ体感できる現実離れした神秘的な空間が演出されるという。



また京都の文化財である「上賀茂神社」では、これまでに葉加瀬太郎など著名アーティストのライブが行われてきたが、電子音楽のパフォーマンスは今回が史上初で、雷(いかづち)の神様を祀る神社で、電子音楽のライブを初めて実現できたことは偶然の中の必然だったと主催者は語る。



Rian Treanor、Kohei Matsunagaら鬼才アーティストらも出演 


当日は「Planet Mu」や「Death of Rave」からリリースを重ねるアーティストRian Treanor、NHK yk Koyxen名義で「DFA records」、「Raster-Noton」、「PAN」、「L.I.E.S」などレフトフィールド~電子音響音楽系の有名レーベルから多数の楽曲をリリースしている鬼才アーティスト、Kohei Matsunagaも出演する点にも注目だ。





本イベントを主催するのは、サウンドアーティスト福田光成(Kosei Fukuda)がドイツ・ベルリンで2017年に設立した実験的アートプラットフォーム”REITEN”(零点)だ。今回のプロジェクト名称である”GANCHIKU”(含蓄)には表層的な表現ではなく、深い意味を含んだ表現方法の探求という意味が込められているという。また音響は京都を拠点とするnight cruising、空間演出やライティングなどはSPEKTRAがそれぞれ担当する。年の暮れの透き通るような空気の中、「上賀茂神社」という神聖な場所で、Mark Fellの混じり気のない美しく繊細な良音に耳を澄ましてほしい。 


なお、Mark Fellは12月5日(木)SUPER DOMMUNEをはじめ、12月7日(土)東京 神楽音、12月13日(金)大阪 Club Daphniaで”REITEN”主催のジャパンツアー、12月6日(金)大阪CIRCUSにも出演が決定している。またRian Treanorは12月6日(金)東京 WWWβに出演する。 


 【イベント情報】

REITEN presents GANCHIKU PROJECT “Multi Sound Ambient Live Performances”

日 程:2019年12月14日(土)14:00〜20:00

会 場:上賀茂神社(京都)

出 演:Mark Fell, Rian Treanor, Kohei Matsunaga

料 金:当日券 5,000円/前売 4,500円/フライヤー持参 4,500円/学割 3,800円(入場の際に学生証提示)

※本イベントは150人限定です。前売券で規定人数に達した場合は当日券はございません。あらかじめご了承ください。

https://jp.residentadvisor.net/events/1332688


オフィシャルサイト:

https://reiten-record.com/news/2019/11/11/GANCHIKU01

https://www.facebook.com/events/2139144803047648/

written by Jun Fukunaga




SHARE