Manabu NagayamaがNYハウスの歌姫・Stephanie Cookeを迎えた新作「Can’t Wait」をリリース

寺田創一との音楽制作プロジェクト・Mnst.でも話題を集めているManabu Nagayama。90年代ロンドン・クラブへのオマージュでもあり、昨今のDISCOサウンドも彷彿させる華麗なダンスチューンに仕上がっている。
SHARE
2021.02.11 11:00

昨年は寺田創一との音楽制作プロジェクト、Mnst.でのリリースも注目を集め、過去にはTOSHIHIKO MORIとのJAZZADELICや<PUSSYFOOT>の名コンピ「Suck It & See」にもLEGO名義で参加していたManabu Nagayamaが、アレサ・フランクリンからMONDO GROSSOまで多くの楽曲提供やボーカル参加しているNYハウスの歌姫、Stephanie Cookeをフィーチャーした楽曲「Can’t Wait feat.Stephanie Cooke / Manabu Nagayama」をリリースした。



本楽曲は、Manabu Nagayamaが88年に渡英した際に大いに影響を受けた90年代ロンドン・クラブへのオマージュでもあり、昨今のDISCOサウンドも彷彿させる華麗なダンスチューンに仕上がっている。


また、ジャケット写真はフォトグラファー堀内麻里が手掛けた。





【リリース情報】




アーティスト:Manabu Nagayama

タイトル:Can’t Wait feat.Stephanie Cooke

発売日:2021年2月10日

品番:LRM-001

ジャンル:エレクトロニック

Spotify https://open.spotify.com/album/3IhkBwjLwcznHMe0nRRetV?si=pl_HSA8SQUC8egRw_VOjvg


Apple Music https://music.apple.com/jp/album/cant-wait-single/1550923613


【Manabu Nagayama Profile】

1988年渡英、ロンドンのラジオ、クラブ、ライブハウス、レコードショップ、アートに影響を受ける。

帰国後Fashion Show等BGMの選曲家としてキャリアをスタート。

PARIS、MILANO、韓国、中国、シンガポール等海外のFashion Showにて音楽をプロデュースする。

また、オリジナル音楽作品、TV、RADIO、WEB等のCM音楽制作も行う。


オリジナル楽曲制作の主な活動として90年代初頭にKing Street Sounds(NY)のHisa Ishioka氏と共同制作されたアナログ「La Ronde 1&2」を企画プロデュースし大きな話題となる。今でもJapanese Houseの名盤とされ高値で流通されている。


Jazzadelic名義でのアーティスト活動ではNew Breed Records(NY)よりJazzy & Break Beatsをテーマにインスト・ヒップホップ・トラックの可能性を追求した人気シリーズ「Fat Jazzy Grooves Vol.4」に「Game Over」が収録されアナログやCDが世界発売。その後もこれら人気シリーズのレギュラーとして数々の作品がリリースされる。


その後、Pizzicato Five Remix、Clementineや本木雅弘へのオリジナル楽曲提供、また、Pal Joeyとのスペシャル・コラボ・ユニット‘Beautiful People’名義の「I Got The Rhythm」がCABARET より12インチ・シングルとして世界リリースされる。

そのシングルに収録の「I Got The Rhythm(Hip Hop Mix)」がDimitri from Parisの人気コンピレーション「after the Playboy Mansion」へ収録され好セールスを記録。


2015年「I Got The  Rhythm(1991 Original Version)/ Jazzadelic」はBrawther & Alixkun Presents 「Once Upon A Time In Japan」に収録されJuno Recordsで1位を記録。

同年「La Ronde 1 」に収録された「Low Tension / Manabu Nagayama & Soichi Terada」がUK UTOPIA RECORDSより12インチ シングル としてアナログリリース、日本の配信レーベルUNKNOWN seasonより配信され、TraxsourceのClassic Houseチャート上位を記録。

Chris CocoのコンピレーションCD & レコード「BAREALIC」へ収録。

King Streetより「La Ronde1&2」がレコードにて再発される等未だにTop ClassのDJ がPlayする名曲となっている。


また、同じく「La Ronde1」に収録された「Walker/ Manabu Nagayama & Soichi Terada」が2016年1月にUNKNOWN seasonより配信リリースされる。

この楽曲はチルアウトDJの重鎮 Chris Cocoが主催のコンピレーションに収録され長い年月が経っても愛され続ける名曲である。


2020年12月にUNKNOWN seasonより配信リリースされた「Low Tension(Jimpster Remix)」が現在Beatportのダンスチャート上位にランクインされている。

現在も世界のトップDJ達にプレイされているこのタイミング2021年にManabu Nagayama名義で、最新ソロシングルを不定期にリリースします。



【フォトグラファー 堀内麻里 Profile】

東京都出身。90年代半ばよりファッション雑誌やカタログ、カルチャー誌およびミュージシャンの撮影を中心に活動を始める。ストリートアートにも造詣が深く、10年間ライフワークとしてヨーロッパのグラフィティアーティスト達のドキュメンタリー写真を撮り続け、その一部の30点は2005年の水戸芸術館でのX-COLOR/グラフィティでも一部屋を使って匿名で展示された。2001年よりアムステルダムに拠点を移し後にミラノに移る。現在は東京とミラノを拠点とし、独自のスタンスで活動中。

http://mari1.com





SHARE