ナビゲーターやDJ、番組名、記事タイトル、文中ワードで一括検索することができます。

注目のキーワード

    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX

    【EDM→ADMの時代へ】心揺さぶる文系デュオ”MAKO”がアルバムデビュー

    2016/12/09 (Fri) 18:45
    admin

    美しくも儚ない泣きのメロディーと、ダンスミュージックの高揚感を絶妙に織り交ぜた唯一無二のサウンドを産みだすデュオだ。

    この記事をシェア

    Written by 編集部

    現在のダンス・ミュージック・シーンにおける流れをさらに本格化させる注目の2人組、MAKO(マコ)が、本日、世界最高峰のダンス・レーベル<ULTRA MUSIC>よりデビュー・アルバム『アワーグラス』を配信限定でリリースした。

    全米シングル・チャートで今年最長記録となる12週連続1位を獲得し、来年2月に開催される第59回グラミー賞主要<最優秀新人>含む3部門にノミネートされたザ・チェインスモーカーズの「クローサーfeat.ホールジー」や、“癒し系EDM=トロピカル・ハウス”サウンドの火付け役として絶大な人気を誇り、今年の<ULTRA JAPAN 2016>に初出演し、4万人もの観客を魅了したカイゴの「ステイ feat. マティー・ノイエス」のような、これまでのシンセサイザーを多用した攻撃的なエレクトロニック・サウンドとは異なる、エモーショナルでアコースティックなダンス・ミュージック=”ADM(アコースティック・ダンス・ミュージック)”が今世界的に注目されている。MAKOは、そのADMを極限まで追求し、美しくも儚ない泣きのメロディーと、ダンス・ミュージックの高揚感を絶妙に織り交ぜた唯一無二のサウンドを産みだすDJ/プロデューサー・デュオだ。

    ▷デビュー・アルバム『アワーグラス』iTunes購入リンク:▷Spotify/Filtr Japan『ADM』プレイリスト: MAKOは、名門音楽院<ジュリアード音楽院>でクラシックを学び、100年以上の歴史を誇る音楽の殿堂<カーネギー・ホール>にて演奏者として数多くの出演経験をもつアレックスと、コロンビア大学卒業後、大型野外音楽フェスティバル<ロラパルーザ>への出演や、アヴィーチーやティエストといった世界のトップ・アーティストらと共演を果たすなどダンス・ミュージック・シーンの第一線で活躍してきたローガンからなる、まさに異色の経歴を持つ”文系”デュオとしても異彩を放っている。2人の"秀才"が新たな音楽の可能性を求め、4年もの歳月をかけて完成させたデビュー・アルバム『アワーグラス』は、これまでのダンス・ミュージックを基盤としながらも、ピアノやギターからオーケストラ・サウンドまでを大胆に取り入れ、さらに彼らが影響を受けたロック・サウンドをも融合した次世代型ダンス・ミュージックが詰まった作品だ。最も困難だったことは、完全に真っ白なキャンバスを見つめて”僕はこのキャンバスに文字通り何でも描ける。僕は何を言いたいのだろう”と考えることだった。僕たちは心と魂を全てここに入れ込んだよ。」 ━アレックス僕たちは、この作品で自身のバック・グラウンド、そして今まで受けてきた影響、その両方の側面を見せる事が出来る作品を想像し、そこから何か新しいものを作り出したかったんだ。」 ━ローガン 今作には、ノルウェー出身のプロデューサー・チーム=Rat Cityがプロデューサーとして参加している最新シングル「ラン・フォー・ユア・ライフ feat. ナタロラ」を始め、昨年8月のリリース後に米<アイ・ハート・レディオ>にてダンス・チャート1位を獲得したシングル「スモーク・フィルド・ルーム」「イントゥ・ザ・サンセット」などを収録。尚、現在MAKOの公式Facebookページでは、12月5日に米ビルボード・ライヴで披露した「スモーク・フィルド・ルーム」などのアコースティック・ライヴ映像が公開されている。

     

    これまでにも、クラシックの音楽祭<レイク・ジョージ・ミュージック・フェスティバル>にて自身の楽曲に管弦楽団を迎えパフォーマンスするなど、常に新しいサウンドを追求してきたMAKO。そんな”文系”デュオにしか到達できない、優雅で知的且つ挑戦的な”ADM”サウンドに心動かされることだろう。


     

    【リリース情報】

    Mako-Hourglass.jpg

    デビュー・アルバム

    MAKO 『アワーグラス』

    本日発売<配信限定>

    iTunes購入リンク:

    https://itunes.apple.com/jp/album/hourglass/id1175097504?app=itunes&ls=1

    *iTunes、iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。

     

    トラック・リスト

    01. Let Go Of The Wheel / レット・ゴー・オブ・ザ・ウィ―ル

    02. Real Life / リアル・ライフ

    03. Smoke Filled Room / スモーク・フィルド・ルーム

    https://www.youtube.com/watch?v=tL1dv6ecRrg

    04. Wish You Back feat. Kwesi / ウィッシュ・ユーバック feat. クゥエシ

    05. Into The Sunset / イントゥ・ザ・サンセット

    06. Run For Your Life feat. Natalola / ラン・フォー・ユア・ライフ feat. ナタロラ

    07. Paradise Lost / パラダイス・ロスト

    08. Craziest Day I Ever Had / クレイジエスト・デイ・アイ・エヴァー・ハッド

    09. North Dakota / ノース・ダコタ

    10. Devil May Cry / デビル・メイ・クライ

    11. Way Back Home / ウェイ・バック・ホーム

    12. Our Story (Hourglass Finale) / アワー・ストーリー(アワーグラス・フィナーレ)

    https://www.youtube.com/watch?v=pNY_5Z0hTJ4

    13. Wish You Back feat. Kwesi (The Him Radio Edit) /

    ウィッシュ・ユー・バック feat. クゥエシ(ザ・ヒム・ラジオ・エディット)

    https://www.youtube.com/watch?v=2_7lChA0KHQ

     

    【MAKO: バイオグラフィー】

    MAKO_sq.jpg

    アメリカ出身、ジュリアード音楽院卒業でプロデューサー/ソングライター/ボーカリストであるAlex Seaver(アレックス・シーバー)と、コロンビア大学卒業でプロデューサーのLogan Light(ローガン・ライト)からなるプロデューサー/DJデュオ。シングル「Beam」が爆発的にヒットし、YouTubeでは700万回以上再生され、アメリカのデジタル・ラジオ番組「シリウスXMラジオ」のテーマソングに使用されるなどヒット・プロデューサーの仲間入りを果たす。その後、元スウェディッシュ・ハウス・マフィアのメンバーとして知られるスティーヴ・アンジェロの楽曲「チルドレン・オブ・ザ・ワイルド」へ参加したことで大きな話題を呼び、現在では「ロラパルーザ」や「エレクトリック・ズー」、「ウルトラ・ミュージック・フェスティバル」、「コーチェラ」など数々の大型音楽フェスティバルに出演。2016年、これまでのEDMサウンドから離れ、アコースティックなサウンドを取り入れた”ADM(アコースティック・ダンス・ミュージック)”を代表するアーティストとして世界中から注目を集める中、12月にデビュー・アルバム『アワーグラス』を発表した。

    ●ソニー・ミュージックによる「ULTRA MUSIC」公式サイト 

    http://www.sonymusic.co.jp/artist/ultra/

    ●「MAKO」海外公式サイト

    http://www.wearemako.com/

    ●ULTRA MUSIC JAPAN公式イツイッター

    https://twitter.com/UltraMusicjp

    ●ULTRA MUSIC JAPAN公式フェイスブック

    https://www.facebook.com/ultramusicjapan

    ●ULTRA MUSIC JAPAN公式インスタグラム

    https://www.instagram.com/ultramusicjp/

     

    関連タグを見る:

    この記事をシェア

    TOP NEWS

    01/10 UPDATE
    曲であなたの恋の病を処方するラジオ内クリニック
    RUNG HYANG

    今回はアイラキなゲストが登場!!
    PARKツアーのトークからお題セッションも✨
    皆さんの恋のお悩みにも応えてきます!

    2022/01/25 23:00
    |
    60 min
    01/10 UPDATE
    毎回ゲストが登場!
    eill

    今回のゲストはサトウカツシロさん(BREIMEN)と宮田レフティリョウさんが登場✨

    楽曲の制作秘話などをトークしていきます🗣

    2022/01/25 22:00
    |
    60 min
    01/25 UPDATE
    80KIDZが独自のアングルから音楽を紹介
    80KIDZ

    80KIDZ presents RADIO ANGLE Vol.5。FKA twigs, Bonoboなど二人のオススメ楽曲をオススメポイントの紹介トークとともにオンエア。2人が個人的にフィーチャリングしたいアーティストは?などもトークしています。

    2022/01/25 21:00
    |
    60 min