Maika Loubté、メディテーションポップソング「5AM」を4/7リリース

今年発売予定のニューアルバムより先行配信。眠れないまま朝の5時になってしまったときのイメージで現実を穏やかに抱きしめる楽曲。
SHARE
2021.03.31 08:00

Maika Loubté(マイカ・ルブテ)が2021年発表予定のニューアルバムより1月リリースの「Mist」に続き、先行配信第2弾として「5AM」を4月7日にリリースする。


新境地とも言えるサッド・コアな曲調であり、物憂げでダウナーながらも、爽やかな余韻が残る楽曲に仕上がっている。作詞をMaika Loubtéの実の弟であるKeisei Loubtéが担当。ビートメイクにはNY出身で現在は消息不明のアーティスト、zachが参加。ジャケットのアートワークは、ドイツ・ベルリンを拠点とする日本人イラストレーター・アーティストの山根奈央子による絵画となっている。


Maika Loubtéコメント

『5AM』は、3年程前にzachとインスタグラム上で知り合い、連絡を取りながら一緒に作り始めました。やりとりしていた数ヶ月後、彼と連絡がとれなくなり、気づいたらSNSのアカウントもSpotifyのページもすべて消えていて今ではどこにいるのかさっぱり分からなくなってしまいました。彼が送ってくれたビートの一部だけが手元に残り、一時は途方にくれましたが、そのまま仕上げてみることにしました。


それから1年ほど経ったとき、身内に様々な出来事が起こって、人生の儚さを思い知った時期がありました。当時よく『5AM』のデモを聴き返していたのですが、なかなか言葉が出てこなくて、歌詞を書けずにいました。そこで、一連の出来事を同じように経験した自分の弟に作詞を頼んでみたら、びっくりするほど腑に落ちる歌詞があがってきて・・・。人との関わりや別離の中で、眠れないまま朝の5時になってしまったイメージで、現実を穏やかに抱きしめるような曲ができたと思います。自分の想像を超えて。



▼先行シングル第1弾「Mist」





【リリース情報】




「5AM」

発売日:4/7(水)配信開始

発売元: WATER RECORDS


【プロフィール】




Maika Loubté

シンガーソングライター/トラックメーカー/DJ。2016年にソロ名義で活動開始。幼少期から10代を日本・パリ・ 香港で過ごし、現在は東京を拠点としている。ビンテージアナログシンセサイザーに出会いエレクトロニックミュージックの影響を受け、現在のスタイルで音楽制作をはじめる。

2019年に2ndアルバム「Closer」を配信・LP(日本盤およびEU/UK盤)でリリース。

ライブ出演・DJ・楽曲提供・CM歌唱提供・ナレーション等でagnès b・SHISEIDO・GAPなど様々なブランドとのコラボレーションも行う。台湾・中国・香港・韓国・タイ・フランス・スペインなどでのフェス出演・ツアーを行うなど国外でも活動中。





SHARE