ナビゲーターやDJ、番組名、記事タイトル、文中ワードで一括検索することができます。

注目のキーワード

    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX

    ダブステップに感極まる!Skream、Benga、Artworkのスーパーグループ「Magnetic Man」再結成が熱すぎる!!

    2018/03/13 (Tue) 03:00
    admin

    ダブステップのレジェンドたちが集結。シーンの発展に貢献した伝説のレコードショップ「Big Apple Records」のリユニオンパーティーでB2Bセットを披露した。

    この記事をシェア

    2000年代にダブステップの中心的人物であったSkream、Benga、Artworkの3人が、今月ロンドンで行われたイベントに出演。3人がかつて結成していたダブステップのスーパーグループ「Magnetic Man」としてB2Bセットを披露した。 

    ダブステップ躍進の立役者だった3人 

    3人はかつてダブステップの発展にとって重要な意味を持つ、南ロンドン・クロイドンにあったBig Apple Recordsのスタッフとして働いており、その後、ダブステップのプロデューサーとしてブレイク。Skreamが2005年にリリースした「Midnight Request Line」やBengaがCokiと2008年にコラボしてリリースした「Night」などはUKダブステップの人気の拡大のきっかけとなったクラシックで、彼らがシーンに与えた影響は大きい。

    またMagnetic Manは、2010年にメジャーレーベルからデビューアルバム『Magnetic Man』をリリース。イギリスのアルバムチャートでは5位をマークするほどのヒット作に。さらに収録曲の「I Need Air」がシングルチャートで10位、 Katy Bをフィチャーした「Perfect Stranger」が16位になるなど商業的な成功を収めた。

    しかし、その後、Bengaが音楽活動を一旦停止、Skreamは作風をテクノやドープなハウス路線に変更するなどダブステップシーンから離脱。そういった経緯があったため、この3人が再び揃ってダブステップをプレイするのは奇跡的だったと言える。

    レジェンドたちが集結したBig Apple Recordsリユニオンパーティー 

    その3人が出演したイベントはArtworkがレジデンシーを持つロンドンのクラブXOYOで、3月2日にBig Apple Records Reunionというイベント名で行われたもの。直前まで出演ラインナップはシークレットのままで、オンライン掲示版のRedditではSkreamとBengaがダブステップのB2Bセットを行うという噂が囁かれていたが、当日はその噂どおり、Artwork以外にSkream、Benga、さらにダブステップシーンの発展を支えたLoefah、Coki、Oneman、Plastician、Hijackらレジェンドたちや大英帝国勲章を授与されたグライムMC、Wileyも出演。しかもDJブースの後ろにはBig Apple Recordsのリユニオンイベントということもあり、陳列用のレコード棚が設置されるなどこだわりの演出もあった。


    Magnetic ManTシャツを着てのプレイにファン歓喜  

    そしてArtwork、Skream、Bengaは、Magnetic Manのロゴ入りTシャツを着てプレイ。イベントに遊びにいったファンやアーティスト、DJたちが公開している動画では、かつて彼らがそのサウンドで多くのファンを魅了したヘヴィーでドープなダブステップをプレイしていたことと、それを聴いて歓喜するフロアの様子が確認できる。


    残念ながら、先述のようなMagnetic Manのヒット曲をプレイする様子を収めた動画を見つけることはできなかったが、この3人が並び立つ姿には感動を覚える。またシーンから離れていたSkreamがあの頃のように鈍器のような低音が唸るドープなダブステップを再びプレイする姿は今となっては非常に貴重な光景だ。

    今回のMagnetic Man復活は残念ながらこのイベントのためだけの限定的な再結成だったようだが、いつの日かまた3人がMagnetic Manとして本格的に活動を再開させることに期待したい。

    参考:

    https://www.facebook.com/events/403747040038513/

    https://www.reddit.com/r/realdubstep/comments/80zd43/big_apple_records_reunion_friday/

    https://www.instagram.com/explore/tags/bigapplerecordsreunion/

    https://twitter.com/search?f=tweets&vertical=default&q=Big%20Apple%20Records%20Reunion&src=typd

    https://twitter.com/search?q=%23bigapplerecordsreunion&src=typd

    https://en.wikipedia.org/wiki/Magnetic_Man

    Written by Jun Fukunaga
    Photo: Magnetic Man Facebook

    関連タグを見る:

    この記事をシェア