UKの注目ラッパー、Loyle CarnerがMadlibプロデュースの新曲「Yesterday」リリース

自身のヒーローとのコラボ曲は、現在、実弟が監督を務めたMVも公開されている。
SHARE
2020.11.12 04:00

サウスロンドンシーンで活躍する注目のUKラッパーで、Tom Mischらとのジャンルを超えたコラボでも知られるLoyle Carnerが、久々の新曲「Yesterday」をリリースした。



UKの注目ラッパーの新曲を手がけたのはMadlib 


Loyle Carnerにとって、今年初のリリースとなる同曲をプロデュースしたのは、ヒップホップシーンのベテランプロデューサーのMadlib。Madlibらしいオールドスクールなファンク/ソウルを下敷きにしたトラックも印象的な今回の新曲について、Loyle Carnerは、「Madlibが僕の音楽的ヒーロであることはみんな知っています。この曲は2年ぐらい前に書きましたが、当初はサンプル音源の権利をクリアするのに苦労して、この曲が日の目をみることはないだろうと思っていました。この曲は、白か黒かどちらかを選択せざるを得ない世界の中で、白と黒(の混血)であることについての曲です」と述べるとともに「より尊重され、受け入れられ、理解される時代へ、私たちが一丸となって進むことができることを願っています」というメッセージをファンに向けて発信している。



楽曲とリンクするMVも公開!  


現在は同曲のMVも公開されており、そちらはLoyle Carnerの実弟であるRyanが監督を担当。楽曲とリンクするようにMVでは、主人公の少年が大人になっていく様子が描かれており、成長し周囲の世界を理解するようになるにつれて、政治的・社会的差別に反対する声をあげはじめ、次の世代にバトンを渡していくストーリーになっている。 




なお、block.fmでは以前、Loyle Carnerが来日公演を行った際にインタビューを敢行。当時のUKヒップホップシーンやユニークな内容に定評があるMVについて話を聞いている。「Yesterday」を聴いて、Loyle Carnerのことが気になった人はそちらもあわせてチェックしてほしい。


関連記事:次世代のUKラッパーLoyle Carnerインタビュー「UKヒップホップはお金に甘やかされていない」 


written by Jun Fukunaga



SHARE