炎上した人気YouTuberローガン・ポール、早くも復帰計画か「お金はどうする?」と聞かれて...

日本で撮影した青木ヶ原樹海、東京の街中での不謹慎行動で大炎上したYouTubeスターが再起を匂わせる発言を行う
SHARE
2018.01.19 02:00

年明け早々、日本の青木ヶ原樹海で行った死者への不敬な行動や東京の街中での乱行を収めた動画が大炎上したアメリカの人気YouTuberローガン・ポール(Logan Paul)。 


YouTubeからアカウントに制限をかけられた


彼が日本で撮影した動画には、非難が世界中から殺到。中には子供に見せないようにと呼びかける親が出たり、彼のYouTubeアカウント閉鎖を呼びかける署名運動まで起こり、世間が彼に向ける目は非常に厳しいものになっている。  


この騒動を受けてYouTubeは、ローガン・ポールのアカウントを制限する制裁を実施。これまで彼の高収益源だった広告プログラム「Google Preferred」を外し、出演していた動画シリーズから降板させることが明らかになった。


しかし、そうした措置に対して甘すぎるという声が未だに多くあり、YouTubeチャンネルは存続するため、彼が再び人気YouTuberの座に返り咲く可能性はゼロではないと考えられてきた。





「バックアッププラン」で再起?  


だが、それでもローガン・ポールは再始動することを予定しているようだ。


TMZの突撃インタビューに対し、ボディーガードに先導されたローガン・ポールは、今回の炎上騒動から「多くのことを学んだ」と語り、「誰にでもセカンドチャンスがある」と語っている。その上で、新しい収益プランを持っていることも否定せず、ロゴ入りの服を強調して見せている。


空港で直撃取材されたローガン・ポールには、動画で見せる能天気さはなく、疲れた面持ちだった。その様子からも現在は精神的に疲れ果て、キャリアの危機にあることは推測できる。しかし、それだけに彼が語る「バックアッププラン」には不敵さも感じる。



ローガン・ポールはすでに謝罪メッセージや謝罪動画で不祥事を反省している姿勢を示しているだが、TMZによれば近く新たな声明文を発表する予定をしているようだ。またそれは炎上後も彼のYouTubeチャンネルから離れなかったファンに向けられるものになるとのこと。  


ローガン・ポールを人気面でも経済面でも支えているのは彼が抱える「Logang(ローギャング)」と呼ばれる莫大なファンの数だ。


YouTubeチャンネルだけでも1500万人以上の登録者を持つ彼は、それを背景に先述のGoogle Preferredから莫大な収益を獲得。またその人気からYouTube以外でも映画出演、ファッションブランドなど動画収益以外のマネタイズする方法を持っていた。しかし、今回の不祥事でYouTubeからの収入は減少、さらにはこれまで人気YouTuberというイメージを使って得ていた仕事も世間的なイメージが悪くなったため、以前のように稼ぐことは難しいだろう。 


ローガン・ポールの人気動画の多くは「Prank(プランク)」動画と呼ばれる、いたずらをテーマにしたもので、見るものによっては自分ができないことを平然とやってのけるため、爽快感を与えるが、一方で常識を無視するその姿勢に不快感を示すものも少なくない。実際に滞在先のイタリアでは迷惑行為でそこにいた地元住人や観光客にも迷惑をかけただけでなく、逮捕されるなどの騒動も起こしている。


 ◼︎関連記事:女性蔑視、逮捕も! YouTubeスターのローガン・ポールが非難を浴びる理由とは


YouTube広告の新レギュレーションが発表 


今月16日にGoogleはYouTube広告の新レギュレーションを開始させることを発表。2月20日からは「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」、「1000人以上のチャンネル登録者数」という条件を満たせない場合は、動画の収益化することができなくなる。これはGoogleブログによると昨年「YouTubeコミュニティ内で起きた騒動」が原因とのことで、明言していないが、ローガン・ポールの不祥事もこのことに大きく影響していると思われる。またこの新レギュレーションにより、ある程度の人気YouTuber以外は広告収益を得ることが難しくなるため、多くのYouTuberの不満の矛先は、ローガン・ポールだけが原因ではないとはいえ、彼にも向けられることなりそうだ。 


果たしてこのような状況からでもローガン・ポールは復活できるのだろうか? 「バックアッププラン」とともに再始動するであろう今後に注目したい。


参考: 

http://www.tmz.com/2018/01/15/logan-paul-second-chance-youtube-apology/ 

https://adwords.googleblog.com/2018/01/a-new-approach-to-youtube-monetization.html 


Written by Jun Fukunga 

Photo: Logan Paul Facebook 

SHARE