Lo-fi Hip Hopがさらなる進化 正統派から新潮流まで注目の3作品

Lo-fiなムーブメントは終わらない!作業や勉強のBGMとして人気に火がついたLo-fi Hip Hop、次の進化が始まる予感。
SHARE
2020.02.20 06:00

2017年頃から本格的に認知が広まったLo-fi Hip Hop (ローファイヒップホップ)は、勉強や作業の定番BGMとして世界的な人気を獲得し、最近ではテレビ番組でも紹介されるなど、まだまだその勢いは衰えを見せない。この記事ではそんなLo-fi Hip Hopの正統派〜今後の新潮流と思われる進化型アーティストまで、注目の3作品を紹介する。




No Spirit「reminiscing」- 王道の難しさをさらりとやってのけるアーティスト集団


最初に紹介するのは超王道的なチル系Lo-fiサウンドの実力派No Spirit。シーンの立役者CHILL HOP(チルホップ)レーベルのプレイリストに参加しているので、名前を見たことがある人もおられるだろう。昨年末に同レーベルよりリリースされた単独名義でのミニアルバムでは、非の打ち所のないメロディアスで美しい5曲を披露した。



非常に情報が少ないアーティストなのだが、Facebookのプロフィールを読み解くとNo Spiritは個人ではなくてミュージシャン集団とのこと。美しく切ないピアノを基調にしたNujabes直系とも言える心地よいサウンドを聴かせてくれる。王道的なループを中心としながらも練り込まれたアレンジが施されているので、ストーリーが感じられ飽きのこない展開がある。アレンジをしっかり勉強したアーティストが参加しているのではないだろうか。サウンドクラウドのリンクも掲載しておくので気になる人はフォローしておこう。



Nenjah Nycist-「love​.​lo: a lo​-​fi beat tape」NYのタフなHip Hop遺伝子とLo-fiの出会い 


昨今のいわゆる流行中のLo-fiの特徴であるチルなサウンドの隙間から、90年代前半〜中盤のガチな「ローファイ」でガッツのあるビートが顔を見せるのはニューヨーク産の個性だろうか?さらにはドラムやサンプルのシーケンスでところどころノイズ〜グリッチ〜ダブを横断するようなアプローチをみせ、彼独自のドープな世界観を作り上げる。 JAZZよりの質感を軸に実験的?と思えば次はチル、かと思えばタフなドラミングとシンプルなスタイルの中で巧みにバリエーションを見せるアルバムだ。ところどころでさりげなく見せつけるアグレッシブさが絶妙な味加減になっており、クレイジーなサウンドを不思議と気持ちよく聴かせてしまう、抜群のバランス感を見せつける。おしゃれな「Jazzy」や「Lo-fi」は苦手という方にも自信を持っておすすめできる。



バンドキャンプでは彼の他のアルバムもチェックすることができる。今回紹介した実験的なインストだけではなくラッパーをフィーチャーした曲も多く、こちらは2000年代あたりのアンダーグランドヒップホップやPrefuse 73あたりのエレクトロニカと融合したヒップホップを感じさせつつも、その頃にはなかったプロダクションだ。その辺りが好きな人にはたまらないビートメイカーだろう。


Shatter Hands「Block And Tackle (Revisited)」 - ベルギー発90年代的Abstract~アングラの再解釈 


最後はベルギーのブリュッセルからUrban Waves Records(アーバンウェーブレコーズ)より、Lo-fi Hip Hopをしっかり踏まえながらも90年代アブストラクト〜アングラヒップホップ色も濃い作品だ。




このアルバムにはラップが乗っているトラックや、歌物も収録されている。Lo-fi Hip Hopと言えばラップが入ってないインストの音楽というイメージだが、最近ではLo-fi Hip Hop、もしくはそれに近いサウンドに触発されたラッパーは多く、ネット上にはすでにLo-fiラップも多く公開されている。BGMとしての需要がLo-fi Hip Hopをここまで成長させた要因なので、今後もインストがメインのジャンルにはなるだろうが、その一方でLo-fi Hip Hopを踏まえたラップミュージックも増えていくのは間違いない。

こちらのアルバムではLo-fi Hip Hopのまさに「次の世代」を写すタイムリーなサウンドを聴くことができる。アブストラクトヒップホップのリバイバルをLo-fi Hip Hopのノリでやってしまう所も、一歩先を行っている感じがして「渋い!」と思わせてくれる。質感的にも安っぽい懐古趣味ではなく、しっかりとした個性が感じられる。リリース元のUrban Waves Recordsは、他にもサイケ風や1人多重録音ジャズなどLo-fi Hip Hopを踏まえた面白いリリースをしている。このジャンルでは先進的なレーベルだ、気になる方は今後もチェックしてみて欲しい。


【合わせて読みたい】

レビュー|Bandcamp/Soundcloud発、注目のヒップホップリリース

 

 

written by Yui Tamura


source:

https://chillhop.bandcamp.com/album/reminiscing

https://soundcloud.com/nospiritmusic

https://nenjahnycist.com/album/love-lo-a-lo-fi-beat-tape

https://urbanwavesrecords.bandcamp.com/album/block-and-tackle-revisited


photo:

https://chillhop.bandcamp.com/album/reminiscing

https://nenjahnycist.com/album/love-lo-a-lo-fi-beat-tape

https://urbanwavesrecords.bandcamp.com/album/block-and-tackle-revisited





SHARE