全100曲が収録された豪華アンビエント・プレイリストをチェック。日本を代表するアーティストの楽曲も

英レーベル「Local Action」によるプレイリストがSpotifyで公開中。
SHARE
2019.01.21 04:30

英レーベル・Local Actionがアンビエント・プレイリストを公開


イギリスのレーベル「Local Action」が"Ambient Resistance"と題したプレイリストをSpotify上に公開した。開放的で極楽な気分が味わえるアンビエント・ミュージックを収録した約15時間にも及ぶプレイリストだ。




このプレイリストはLocal Actionが友人や所属アーティストとともにキュレーションしたもの。


レーベル代表のTom Lea(トム・リー)を始めとし、レーベル所属のYamaneko(ヤマネコ)やDeadboy(デッドボーイ)、さらに昨年ブレイクを果たしたJoji(ジョージ)の楽曲「Slow Dancing In The Dark」のリミックス曲で注目を浴びたMr. Mitch(ミスター・ミッチ)が参加。また、英・ウェブマガジンDazedで昨年最も活躍した100人にも選出された東京生まれ北京育ちのアーティスト、Object Blue(オブジェクト・ブルー)の名前も確認できる。


映画音楽などを手がけるMax Richter(マックス・リヒター)にテクノ・プロデューサーのBurial(ブリアル)、イギリスの人気ロックバンド・The Cure(ザ・キュアー)の楽曲まで、多岐にわたるジャンルからさまざまな音楽が選ばれていることも注目すべきポイントだ。



坂本龍一、冨田勲ら日本人アーティストの楽曲も収録


プレイリスト内には多数の日本人アーティストも名を連ねている。

坂本龍一の名曲「energy flow」や細野晴臣の「DARK SIDE OF THE STAR/地球の夜にむけての夜想曲」といった荘厳な趣きが感じられる楽曲に加え、日本人で初めてグラミー賞にノミネートされたシンセサイザー奏者・冨田勲の代表曲「月の光」も収録されている。




またアンビエント・ユニット、UNKNOWN MEのメンバーとして活動するH.Takahashiの「Sustainable」、ベルリンを拠点に活動するピアニストMidori Hiranoの「Haiyuki」など前衛的な楽曲も満載だ。


まるで宇宙空間を漂っているかのような浮遊感さえ感じられる極上のプレイリスト。リラックス・タイムのお供におすすめだ。


written by Kenji Takeda

source: https://www.factmag.com/2019/01/07/local-action-15-hour-ambient-playlist/

photo: Local Action Facebook



SHARE