YouTubeが開催したオンライン卒業式でLizzoがフルートを演奏! BeyoncéはBLMにも言及するスピーチを披露

新型コロナの影響で卒業式を行うことができなかった世界中の卒業生に向けて開催された「Dear Class of 2020」。オバマ夫妻も参加した豪華な内容を紹介。
SHARE
2020.06.11 09:00

新型コロナウイルスの影響で卒業式を行うことができなかった世界中の卒業生に向けて、先日YouTubeが開催したオンライン卒業式「Dear Class of 2020」にオバマ元大統領夫妻、Lizzo(リゾ)、Beyoncé(ビヨンセ)らが出席!! 祝辞では卒業生に向けたメッセージはもちろん、Black Lives Matter問題にも触れられ、卒業生そして現代を生きる人々にとって忘れられないセレモニーとなった。






Lizzoがフルートを使ったパフォーマンスを披露!!


このオンライン卒業式のキックオフ・パフォーマンスを行ったのは昨年大ブレイクを果たしたLizzo。彼女は小学生の頃からはじめ、マーチングバンド部での活動まで共にしたフルート演奏を、ニューヨークを拠点とする「アメリカ5大オーケストラ」のひとつ、New York Philharmonic(ニューヨーク・フィルハーモニック)を従えて披露。グラミー賞も獲得した彼女が世界的にも有名なオーケストラと共に演奏することは珍しく、卒業生にとってもサプライズプレゼントとなったはずだ。


「2020年に卒業を迎える皆さん、おめでとうございます。盛り上げていくわよ!!」 と相変わらずの元気の良さで始まったパフォーマンスでは卒業式お馴染みの「Pomp & Circumstance(邦題: 威風堂々)」を演奏した。卒業生へのメッセージとともにNew York Philharmonicと共演することは自身の高校時代の夢だったと話すLizzo。誰からも愛されるアーティストである彼女からのポジティブなオーラは、今の世の中に必要不可欠だろう。



実体験を元にメッセージを送ったBeyoncé


R&BグループDestiny's Child(デスティニーズ・チャイルド)のメンバーとして90年代から活動するBeyoncéの卒業生に向けたメッセージでは音楽業界における男女格差やそれに伴い業界内で黒人女性アーティストの成功例が少なかった時代から自分がいかにサバイブしてきたかについても語った。


さらに世界中に拡大しているBlack Lives Matterについても言及し、人々が声をあげ命の大切さに気づいてくれたことについても感謝を述べた。中でも繰り返し「卒業生の皆さんの新しい変化が始まる」と強調していたのが印象的で、Beyoncéならではの内から込み上げる力強さの伝わるメッセージとなっている。



世界的に”元通り”の生活を送ることができていない現状を踏まえ、こうしたオンラインでの卒業式が開催されることは素晴らしい!! 今後不測の事態には日本でもこのような取り組みが行われることを期待したい。



written by BsideNews


source:

https://www.hotnewhiphop.com/lizzo-s-impresses-class-of-2020-with-flute-performance-news.112073.html


photo:

https://www.youtube.com/watch?v=xdh2ySZS3w4&feature=emb_title

https://dearclassof2020.net/




SHARE