Awich、「マジでお前誰?」Tシャツをリリース。LIQUIRDROOMとのコラボTシャツプロジェクトより

電気グルーヴ、サカナクションなどが参加している、LIQUIDROOMとアーティストたちによる新型コロナウイルス影響下のメッセージTシャツ・プロジェクト〈We will meet again〉にAwichが参加。
SHARE
2020.05.29 10:00

これまで電気グルーヴ、坂本慎太郎、サカナクションなどが参加している、LIQUIDROOMとアーティストたちによる新型コロナウイルス影響下のメッセージTシャツ・プロジェクト〈We will meet again〉。


今回は、6月15日(土)に予定されていたLIQUIDROOMでのAwich『孔雀』リリース・ツアー公演が残念ながら再度中止となったAwichのメッセージTシャツ。


2020年頭にリリースしたニューアルバム『孔雀』は新たなディケイドの到来を宣言するようなネクストレベルの音楽性に充ちた、重要ラップアルバムと言うべき作品に。


今回リリースされるTシャツは、この混乱と欺瞞に満ちた世に対する、痛快なメッセージともとれそうな「マジでお前誰?」(『8』収録「WHORU? feat. ANARCHY」)。





受注販売期間:2020年5月29日(金)19:00 ~ 2020年6月30日(火)22:00

※商品は7月末頃より順次発送を予定しております。


販売種類:

LIQUIDROOM x Awich マジでお前誰? T-shirts ¥3,800

LIQUIDROOM x Awich マジでお前誰? T-shirts + LRロゴ缶バッチ(designed by 五木田智央)1個 ¥4,300

LIQUIDROOM x Awich マジでお前誰? T-shirts + LRロゴ缶バッチ(designed by 五木田智央)2個 ¥4,800


※LRロゴ缶バッチはリキッド公演時にバーカウンターにてドリンクと交換できます。


※同時受付中!




・LIQUIDROOM We will meet again T-shirts

・LIQUIDROOM x 電気グルーヴ NO LIQUID,NO DENKI T-shirts

・LIQUIDROOM x 坂本慎太郎 Let’s Dance Raw T-shirts

・LIQUIDROOM x THA BLUE HERB 我 望 今 日 無 事 T-shirts

・LIQUIDROOM x サカナクション 聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに T-shirts

・LIQUIDROOM x 向井秀徳 Big Laugh T-shirts

・LIQUIDROOM x Shing02 SOCIAL RESISTANCE! T-shirts


販売サイト:http://liquidroom.shop-pro.jp


問い合わせ先:LIQUIDROOM 03-5464-0800 https://www.liquidroom.net



▼Awich




沖縄県那覇市出身にしてヒップホップクルー、YENTOWN所属。 

14歳で本格的な音楽活動を開始し、その後、米国アトランタに留学。 

結婚と出産、夫の死を越え、2017年に発表したアルバム『8』でブレイクを果たした。 

2020年1月にNEW ALBUM『孔雀』をリリース。

https://awich.jp/


【関連記事】

Awichインタビュー “弱さ”という毒をも食らう孔雀に。


We will meet again

LIQUIDROOM 2020


音楽、そしてライブを愛するすべてのみなさまへ

-再会できる未来のために-


新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、世界中の人々が、いまだかつてない経験を強いられていることと思います。


これまでアーティストたちの表現の場として活用していただいたLIQUIDROOMも深刻な問題に直面し、出口の見えない日々に不安を感じています。


LIQUIDROOMは様々なカルチャーがひしめき合う新宿歌舞伎町でスタートし、恵比寿に移転して以来25年間、たくさんのアーティストの方々、ファンのみなさまと、かけがえのない瞬間・空間・時間を共有させていただきました。これはアーティストやそれを支えるスタッフ、そしてなにより音楽ファンのみなさまと作り上げてきた、一言では語り尽くせないたくさんの思いが込められた場所です。


本来、こんな不安定な状況であれば、LIQUIDROOMは音楽で、みなさまの不安な気持ちを率先して解消させたいところですが現状それもかないません。

しかし、今後、どんな険しい道が待ち受けているのか計りかねませんが、後ろは振り向かないことにいたしました。


すでに温かいお言葉やご支援の声をいただいく機会もありましたが、この惨禍が過ぎ去った後に、ふたたびこの場で最高の音楽とともに分かち合える瞬間を願い、今、みなさまのご協力をお願いしたいです。


アーティストの方々にもご協力をいただき、決して忘れられることができないであろう2020年をライブではなく言葉でTシャツに刻んでいただきました。


いつか笑って、あの時は…なんて話せる日を願って。


LIQUIDROOM




SHARE