Lil WayneとBlink-182がコラボ! 来月から北米ツアーをスタート

ツアーに先駆けて「What’s My Age Again?」と「A Milli」をマッシュアップしたパフォーマンス映像も公開!
SHARE
2019.05.07 10:00

言わずもがなの人気ラッパー、Lil Wayne(リル・ウェイン)とアメリカのポップ・パンク・バンド、Blink-182(ブリンク・182)の異色コラボツアーがアナウンスされた! 北アメリカを周るこのツアーは、今のところ来月から9月までのスケジュールが発表されており、イギリスのバンドNeck Deep(ネック・ディープ)参加するとのこと。


ツアーに先駆けて2008年リリースのLil Wayneによる「A Milli」と1999年リリースのBlink-182「What’s My Age Again?」をマッシュアップしたパファーマンス映像も公開されており、今後のリリースも期待してしまう!




Lil Wayneの新作は再びロック路線か?


昨年、Birdman(バードマン)との長年におよぶ確執を解消し、ようやくリリースされた『Tha Carter V』に続き、Lil Wayneは早くも次なるアルバムのリリースを自身のInstagramで示唆している。『Funeral』とタイトルが予測されている次回作は2016年にも制作の噂が流れていたもので、“葬儀”を意味する『Funeral』の通りに棺桶の絵文字をInstagramストーリーに投稿していた。


そこにきてBlink-182とのツアーアナウンスとなると再びロック路線なアルバムになることも予想されるのでないだろうか? Lil Wayneファンなら知っての通り、昔から大のロック好きであるLil Wayneは2010年にロックアルバムとして自身7枚目となる『Rebirth』をリリースし、最近では1月にラスベガスのロックバンド、Imagine Dragons(イマジン・ドラゴンズ)がリリースした「Believer」にフィーチャリングで参加している。『Funeral』に向けた情報は何も公開されていないが、『Rebirth』に続くロックアルバムになる可能性も高いだろう!




Blink-182のドラマーはヒップホップ好き!


Blink-182のドラム担当であるTravis Barker(トラヴィス・バーカー)ロックだけでなくヒップホップシーンにも交流が深く、2009年にはDrake(ドレイク)、Eminem(エミネム)、Kanye West(Kanye West)そしてLil Wayneによる「Forever」のリミックも担当。


さらに2011年にリリースしたソロアルバム『Give the Drummer Some』ではKid Cudi(キッド・カディ)やSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)をはじめ、多くのラッパーを起用。オープニングトラックである「Can A Drummer Get Some」でもLil Wayneが参加しており、ビルボードでは初登場9位を記録した。こうした過去を振り返ると、今回のコラボツアーも必然と言えるかもしれない!




ニューヨーク、ロサンゼルス、トロントと主要都市を含む40公演が今のところ予定されているので、この夏にアメリカ旅行を考えている人は予定に加えてみるのはどうだろうか?


ツアースケジュールはこちらから




written by BsideNews


source:

https://pitchfork.com/news/lil-wayne-and-blink-182-announce-tour/


photo:Facebook/Lil Wayne


SHARE