リル・パンプがアジア系人種ディスで炎上、中国人ラッパーたちが怒りのアンサー!

SNSで公開した新曲の動画がアジア系人種に大して差別的だとして炎上していた。
SHARE
2018.12.20 08:00

昨年リリースした「Gucci Gang」の記録的なヒットで人気ラッパーの仲間入りを果たしたLil Pumpだが、最近、SNS上で一部公開した新曲「Butterfly Doors」のリリックの内容が人種差別的だとして炎上。それに対して中国のラッパーたちがアンサーを出し反論。注目を集めている。



大麻を吸うとアジア系のように目が細くなる  


問題になった「Butterfly Doors」の中にはアジア系人種のステレオタイプな人種的特徴に関してラップするリリックが含まれており、Lil Pumpは、中国出身の元NBAスタープレイヤーのヤオ・ミンの名前を挙げ、大麻を吸うと彼のように目が細くなるとジェスチャー付きで身体的な特徴を揶揄しながらラップ。さらにアジア系の差別や侮蔑の意味合いをもつ「Ching Chong」という言葉を使っていたことから炎上。それを見た人々から非難され、物議を醸していた。



アメリカのアジア系ラッパーが怒りの声をあげる  


そのリリックの内容に関して、アジア系でニューヨークのラッパーのChina Macは自身のInstagram上で、Lil Pumpを激しく避難する動画を公開。問題の部分を動画の冒頭で流し、それに対する怒りの声をあげている。




中国本土のラッパーたちも次々に怒りのアンサー公開 


一方、中国本土で活躍するラッパーたちの間でもこの出来事は問題視されており、ヒップホップグループCD Revが「F**k Lil Pump」というこの”アジア系人種差別”ととれる「Butterfly Doors」に対するアンサー曲を公開。メンバーのLi Yijieは、例の曲を初めて聴いた時に感じたのは怒りで、明らかに表情を表現したもので、差別的なものだったとコメントしている。 


また来年1月に88risingのレーベルツアーで来日する成都のヒップホップグループのHigher Brothersが、Lil PumpInstagramのページに「お前をディスるためにこの曲をリミックスするよ」と怒りを込めた投稿。そのほかにもWeiboなどを通じてこの問題は中国のヒップホップファンの間にも広がっており、複数のラッパーたちがLil Pumpのディスに反応している。 


■関連記事:88rising、アジアから世界を席巻するレーベル。初来日する5組を徹底解説


しかし、この記事を執筆している時点ではLil Pumpからのこういったアンサーに対するコメントは公開されていない。今後、彼はこの問題に対し、どういった対応をとるのかに注目が集まっている。

written by Jun Fukunaga


source:

http://www.asiaone.com/entertainment/chinese-rappers-hit-back-lil-pumps-racial-slurs-amid-backlash

https://genius.com/16029230



photo: Lil Pump Facebook


SHARE