Lil Uzi Vert、待望のセカンドアルバム『Eternal Atake』が全米1位に!! さらにデラックス版もリリース

Future、Gunna、Young Thugが参加した豪華なデラックス版『LUV vs. the World 2』も合わせてマストチェック!!
SHARE
2020.03.17 06:00

グラミー賞ノミネート歴を誇るマルチプラチナ・スーパースター、Lil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート)が約3年ぶりにリリースした待望のセカンドアルバム『Eternal Atake』が初登場で全米1位に輝いた。さらにその1週間後にはFuture(フューチャー)、Gunna(ガンナ)、Young Thug(ヤング・サグ)といった豪華アーティストが参加したデラックス版『LUV vs. the World 2』をリリースと勢いが止まらない。


アルバムに向けた予告動画では大人気ディレクターのGibson Hazard(ギブソン・ハザード)と手を組み、「Baby Pluto」と名付けた予告動画の共同監督を手掛け、公開以来300万回以上の視聴回数を記録。数多くのメディアに賞賛された聴き逃せないアルバムだ!!


全米1位ラッパー、Lil Uzi Vertがアルバムリリースに向けてショートフィルムを公開







『Eternal Atake』で演じた3つの別人格


まず先にリリースされた『Eternal Atake』についてだが、このアルバムの興味深いところは18曲入りの中で6曲ずつ”Baby Pluto”、”Renji”、”Lil Uzi Vert”と3つの人格が登場している点だろう。


”Baby Pluto”では彼の強烈なラップスキルが発揮され、アルバム前半ということもあり印象に残る曲が多い。中でも「Pop」は前半のハイライトともいえる勢いを感じる1曲だ。


中盤の”Renji”では「I’m Sorry」に始まるように、どこか儚いラップを聴かせてくれる。フューチャリングも含め数多くの曲に参加しているLil Uzi Vertのエモいラップが好きな人は特に気に入るパートだろう。


そして”Lil Uzi Vert”では自身の観点からラップしている。The Internet(ジ・インターネット)からSyd(シド)をフィーチャリングした「Urgency」に始まり、大ヒットを果たした「XO TOUR Llif3」の続編「P2」へと続く。


海外メディアからも「現在までにウージーが生み出した最高のアルバムだ。型を破った作品は、Lil Uzi Vert以外誰にも作れない」と絶賛されるほどのアルバムの秘密はこんなところにも隠されているのだ。



豪華ラッパーが集結したデラックス版


『Eternal Atake』で満足したのも束の間、1週間後にはFuture、Gunna、Young Thugらが参加したデラックス版『LUV vs. The World 2』をリリースしたLil Uzi Vert。当初はデラックス版には追加で8曲が収録されると発表されていたが、結果的にはなんと14曲に!! デラックス版というよりも別のアルバムを届けてくれてようなものだ。


それもそのはず、タイトルでお気付きのファンも多いかと思うが2016年にリリースされたミックステープ『Lil Uzi Vert vs. the World』の続編と位置付けられているのがこのデラックス版。ショートフィルム、スタジオアルバム、デラックス版(ミックステープ)と立て続けに楽しませてくれるLil Uzi Vert。全米1位になるのも納得だ。




リリースからわずか2日でアルバムのほぼ全ての収録曲がSpotifyのUSトップ50チャートのトップ20内にランクインを果たすほど注目を集めた『Eternal Atake』。デラックス版『LUV vs. The World 2』を合わせて2020年上半期、最重要アルバムの1枚であることは間違いない。




written by BsideNews


source

https://www.rollingstone.com/music/music-album-reviews/lil-uzi-vert-eternal-atake-2-965211/





SHARE