全米1位の人気ラッパー、24歳で突然の引退宣言! 「普通の生活に戻りたい」

今年アルバムのリリースも期待されていた24歳のLil Uzi Vertが自身の画像以外のInstagramポストを削除。
SHARE
2019.01.12 07:03

人気若手ラッパー、Lil Uzi Vertが突然の引退宣言! 


ファンにとっても関係者にとっても驚きの引退宣言だ。Migos(ミーゴス)の全米1位となった「Bad and Boujee」にもフィーチャリングで参加し、2017年にリリースしたデビューアルバム『Luv Is Rage 2』でも全米1位に輝いたLil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート)が、突如自身のInstagramストーリーにて音楽界から身を引くことを宣言した! 


「音楽をやるのはもうやめだ。全部消してしまったよ。普通になりたいんだ、起きたら2013年であって欲しい」


とコメントしたInstagramではファンに感謝をしつつも、自身がミックステープやEPをリリースし本格的に活動を始める前年の2013年に戻りたいと訴えている。本当だとしたらショックな出来事だ!





12月にはアルバムが完成した事もアナウンス


2017年にアルバムをリリースした後も、ヒップホップの枠にとらわれず多くのフェスにも出演しファンを獲得してきたLil Uzi Vertだが、昨年12月に彼の地元フィラデルフィアで行われたライブでは新しいアルバム『Eternal Atake』が完成している事もファンに伝えていた。


アルバムの他にも盟友Young Thug(ヤング・サグ)とのコラボ曲のストックが1500曲はある事を過去に話しており、そのコラボアルバムもリリースの予定があるとしていた。彼の才能をいち早く見出したプロデューサーのDon Cannon(ドン・キャノン)は「Lil Uzi Vertは年間700曲は作っている」と制作活動の速さを語っている。




ラッパーの引退宣言は信じるな!?


ラッパーの中には引退する事を宣言しても、その後撤回するアーティストが多い。ヒップホップ・シーンを牽引するJay-Z(ジェイ・Z)は2003年にラストアルバムとして『The Black Album』をリリースし、さらに引退ライブも地元ニューヨークで開催。その映像を収めたドキュメンタリー『Fade To Black』までリリースしたのだが復帰し、今でも活動している。


他にもベテラン勢ではLL Cool J(LL・クール・J)、The Game(ザ・ゲーム)も過去に引退宣言したものの撤回。最近では6ix9ine(シックス・ナイン)も2018年いっぱいでの引退を宣言していたが、その後逮捕となってしまったので今のところ不明だ。


Lil Uzi Vertもまだ24歳。気が変われば引退宣言を撤回する可能性は多々あるだろう。完成したとしているアルバム『Eternal Atake』が日の目を見る事はあるのだろうか。ラストアルバムとならない事を願いたい!





written by BsideNews


source:

https://www.complex.com/music/2019/01/lil-uzi-vert-says-hes-done-with-music


photo: facebook, instagram

SHARE