リル・パンプがアジア人差別リリックについて「その意図はなかった」と発言、沈黙を破り謝罪

今月公開した新曲のリリックが人種差別的だとして炎上。そのことについて謝罪動画を公開した。
SHARE
2018.12.26 08:00

今月、自身のSNSで公開した新曲「Butterfly Doors」のリリックがアジア人差別として捉えら、炎上していた若手ラッパーのLil Pump。動画公開後、その問題リリックに関して、アメリカ在住のアジア系ラッパーや中国を拠点とするラッパーがそのリリックに対し、怒りを露わにしアンサーを返したことも大きな話題になっていたものの、Lil Pumpからのコメントはないままだった。しかし、先日、Lil Pumpは自身のInstagramでこの問題について謝罪する動画を公開した。


誰も傷つけるつもりはなかったと謝罪  


Lil Pumpは動画では「ネット上でどのようなことが起こったか全て見た」と語り、続けて「あんな動画を公開してすまないと思っているし、謝罪したい。誰も傷つけるつもりはなかったし、差別的な意図はなかった」、「自分にもアジア人の友人はいるし、誰とも敵対するつもりはない」と謝罪コメントを発表した。




今後、非難していた中国人ラッパーたちはどのような反応を見せるのか? 


この問題には来年来日するHigher BrothersやCD Revが反発しており、アメリカだけでなく、中国でも大きな関心を持たれる炎上騒動になっていただけに、今後、そういったLil Pumpを非難していたラッパーたちがどのような反応を示すのかにも注目したい。 


 ■関連記事: リル・パンプがアジア系人種ディスで炎上、中国人ラッパーたちが怒りのアンサー!
なお、Lil Pumpは、動画では最後に「メリークリスマス」とファンにメッセージを送っている。今年はトラブルも多く取り上げられてきた彼だけに、年内に今回のようなトラブルを解決しておきたいと思ったに違いない。来年はトラブルなく、噂されている新作アルバムをリリースするなど順調に音楽活動を続けられると良いが…

written by Jun Fukunaga

source:

https://www.instagram.com/p/Bry8V8IjehA/?utm_source=ig_web_copy_link


photo: Lil Pump Facebook




SHARE