LEXがアルバム『LEX DAY GAMES 4』からwho28客演の「UPDATE (feat. who28)」のMVを公開

SFと現実が入り混じる、ディストピア感溢れるMVが公開。LEXがRICK NOVAと共演した「WONDER LAND」のMVも公開されている。
SHARE
2019.11.11 08:00

4月にファースト・アルバム『LEX DAY GAMES 4』を発表したLEXが、アルバムからwho28をフィーチャーした「UPDATE」のMVを公開。LEXはRICK NOVAの新曲「WONDER LAND」にも客演参加。





『LEX DAY GAMES 4』のコンセプトを映像化した「UPDATE (feat. who28)」のMVを公開。RICK NOVAとの「WONDERLAND」MVも公開


LEXは4月にアルバム『LEX DAY GAMES 4』をリリース。田我流「RIDE ON TIME TOUR」WWW X公演でもフロントアクトとしてフックアップされ、9月には地元湘南のクルー・SOGからHezronをフィーチャーした「FLASH! 」を発表。気鋭のヒップホップアーティストが集ったRed Bull主催のサイファー企画「RASEN」への参加や、Luteにて自身のルーツを振り返るドキュメンタリー映像の公開と、活躍目覚ましい。


ティーン世代から絶大な支持を集める2002年生まれのLEXが、『LEX DAY GAMES 4』よりwho28をフィーチャーした「UPDATE (feat. who28)」のMVを公開した。


アルバムのジャケを彷彿とさせるVRデバイスを装着したLEXとwho28が山の中で焚き火を囲み、仮想現実空間と思わしき場所で互いにラップをする。MVの最後では、デバイスを着けたまま、山中を彷徨うという映像からは、どこか憂いを感じさせるディストピア感が漂う。ティーン特有の理想と現実、そのギャップの虚しさのようなものが見てとれる。一方で、絶望的な状況でも希望を求めて歩き続けるといった強い意志も感じさせるMVだ。SFとサスペンスホラーが入り混じる、LEX流ストレンジャーシングスといった映像になっている。




監督はBugsことKohei Makita。UWDUCTクルーがVFXを担当した。




LEXがRICK NOVAと共演した「WONDER LAND」のMVも公開


(2019.11.13追記)


RICK NOVAはTaeyoung Boy、KKとともに活動する、MSNの一員であり、Yo-SeaやWeny Dacilloといったアーティストと共演。今年7月に新作EP『PHENOMENON』をリリースし、そのあともEP『SAMA SAMA』やYoung Dalu, OSAMIを客演に迎えた「SWEAR TO GOD」、「VIVI」とコンスタントに音源をリリース。そんなRICK NOVAとLEXが8月にリリースした「WONDERLAND」のMVが公開されている。


夏真っ盛りにリリースされた「WONDERLAND」は精力的に活動する気鋭のアーティスト同士、RICK NOVAとのスムースなコラボレーションチューン。寒くなり、遠のいていく夏を思い出しながら聴くのもまたイイ。全編アニメーションで構成されたポップなMVの世界観に、メロウな二人のラップが相性抜群。MVをプロデュースしたのは、自分たちがカッコイイと思うアーティストを緩く温める、というコンセプトの元に活動するプロデュースチームsaunaroom。




その幅広い交遊もさることながら、曲のストック量がハンパじゃないと言われているアーティストだけに、もしかしたらアルバムがポコッとリリースされる可能性も否めない。今後のアナウンスが楽しみだ。




▶LEX

ティーン世代から絶大な支持を集める2002年生まれのラッパー。名前の由来は、母親への暴力などを働いていた2番目の父親だった男の名前を取った。幼少期からヒップホップダンスやジャスティン・ビーバーなどの音楽に触れ、14歳の終わりにはビートメイキングを開始。機材を買いそろえ、DJするよりも自分で曲を作った方が楽しそうという考えから15歳になるころには本格的に作曲にのめりこんだ。XXXTentacionの「Look At Me! 」のリミックスをSound Cloudにポストするなどネット上で活動を開始。SoundCloudにリリースした「Captain Harlock (feat. Only U, TRASH ODE)」が話題となり脚光を浴びる。その再生回数は10万再生を越え、2019年4月『LEX DAY GAMES 4』をリリース。トラックメイカー/プロデューサーであるKMとともにMANONの「AIR KISSING feat.KM&LEX」に参加。その他、Red Bull主催のサイファー企画「RASEN」への参加や、Luteにて自身のルーツを振り返るドキュメンタリー映像を公開。今後の活躍が期待される気鋭のアーティストである。


LEX/『LEX DAY GAMES 4』 




written by Tomohisa Tomy Mochizuki


photo:Mary Joy Recordings





SHARE