Kygoがバレンタインデーに2019年初となるオリジナル音源「Think About You」をリリース

KygoのレーベルPalm Tree、RCA Recordsと契約した新鋭シンガーValerie Broussardをフィーチャー。
SHARE
2019.02.15 09:10

SNSでティーザーを公開し、2月14日にリリースされることが示唆されていたKygo(カイゴ)の新曲がリリース。




トロピカル王子Kygoは冬もいいぞ。Valerie Broussard をフィーチャーした「Think About You」をリリース


Kygoが「Think About You」をバレンタインデーの2月14日にリリースした。

2019年2月1日に昨年リリースのシングル「Happy Now」のR3HABリミックスをリリースしたが、オリジナル音源のリリースはこの「Think About You」が2019年初となる。




ティーザーでは、遠めに鳴るメロディ、アートワークである雪山に吹きすさぶ風の音が印象的で、最後には“FEBRUARY 14th”という文字が映し出されている。トロピカル王子として日本でも人気のKygoは夏の南国のイメージが強いだけに、冬山や雪といったヴィジュアルが新鮮だ。そもそも、Kygoが北極圏にまたがる北欧ノルウェー出身ということを忘れてしまっていたが、冬のイメージを全面に打ち出した「Think About You」は、原点回帰とも言えるかもしれない。








注目シンガーValerie Broussard 


フィーチャリングされているのはValerie Broussard(ヴァレリー・ブルサード)。アメリカ出身で、18歳のときにロンドンへ移住。SONY傘下の名門RCA Recordsと契約し、KygoのレーベルPalm Tree Recordsにもサインした新鋭のシンガーだ。アメリカではドラマなどに楽曲を提供しており、今年、米ゲーム会社Riot Games社の看板タイトルであるオンライン対戦ゲーム『League of Legends』の2019シーズンのテーマソングを担当している。




まだ日本のメディアにはほとんど露出していないが、今年の夏フェスやKygoの来日ツアー公演などが組まれれば今後、日本でもお目にかかれる機会は多くなるかもしれない。




Kygoのエモーショナルなメロディに、ヴァレリーの美しい歌声が映える「Think About You」はバレンタインデーにぴったりのドラマチックな印象の楽曲となっている。ボーカルのカットアップと力強いピアノが響くビルドアップからのドロップは、ゲレンデで流れていたら気持ちが燃え上がりそうな1曲だ。





各サブスクリプションサービスの配信とダウンロードはこちら


written by Tomohisa“Tomy”Mochizuki


source:https://www.valeriebroussardmusic.com/


photo:Ultra Music YouTube



SHARE