小泉今日子がサブスク解禁、ハウスに挑戦した『KOIZUMI IN THE HOUSE』も配信カタログに!

クラブミュージックファンはクラブ仕様の「KOIZUMIX PRODUCTION」も要チェック!
SHARE
2020.08.21 06:00

小泉今日子が8月21日(金)AM0時、主要定額音楽ストリーミングサービスでシングル曲、アルバム、シングルのカップリング楽曲を一斉解禁した。 




小泉今日子、計104タイトルのべ726曲をサブスク解禁  


現在は、デビュー曲「私の16才」(1982年)から、大ヒット曲「渚のはいから人魚」(1984年)、「The Stardust Memory」(1984年)、「なんてったってアイドル」(1985年)、「木枯しに抱かれて」(1986年)、「あなたに会えてよかった」(1991年)、「優しい雨」(1993年)、「学園天国」(1988年)、「潮騒のメモリー」(2013年、天野春子名義)などシングル曲はもちろん、アルバムやシングルのカップリングに収録された楽曲、計104タイトルのべ726曲が配信されている。  


サブスク解禁について、小泉今日子は以下のようにコメント。  


特に若い方から「サブスクまだですか?」とよく聞かれていました。 104タイトル、726曲を一気に解禁するそうです。 時代と共に色々な仲間と過ごした時間が曲の中に閉じ込められています。 羽を休めていた鳥の群れが空に向かって飛び立つような光景を想像します。 自由な空をどこまでも飛んでいってくれますように。  




小泉今日子のクラブミュージック関連作品も配信中


また小泉今日子にはクラブミュージックに接近した作品も多く、近田春夫や小西康陽をプロデューサーに迎え、ハウス・ミュージックに挑戦した『KOIZUMI IN THE HOUSE』(1989年)や、藤原ヒロシ、Dubmaster Xらによるダブやハウスリミックスなどクラブ仕様の楽曲で知られる「KOIZUMIX PRODUCTION」関連作品も配信されている。そういった作品の中でも特に『KOIZUMI IN THE HOUSE』収録のモロにアシッドな「水のルージュ(Break'ACID'Beats Mix)は必聴だ。






小泉今日子 楽曲シェアキャンペーン”もスタート


今回のサブスク解禁を記念して、“小泉今日子 楽曲シェアキャンペーン”もスタート。8月21日から9月6日(日)23:59の期間で、一番好きな小泉今日子の楽曲を、利用するストリーミングサービスより(#キョンキョンを聴こう)をつけてtwitterまたはInstagramでシェアした人の中から、抽選で10名に直筆サイン入り小泉今日子オリジナルクリアファイルがプレゼントされる。


また各ストリーミングサービスでもそれぞれプレゼントが当たるなどのキャンペーンを実施しているので、気になった人はキャンペーンページで詳細をチェックしよう! 


なお、本日8月21日(金)20時より、小泉今日子は有料配信ライブ「唄うコイズミさん」を配信。22日(土)〜29日(金)まで見逃し配信も行われる。チケット代は3000円(税込)で、8月27日(月)23:59までこちらのリンク先で購入可能だ。 


written by Jun Fukunaga




SHARE