カメレオン・ライム・ウーピーパイ、新たな世界観を表現した新曲「Amefuri no Bambina」リリース

Spotify「RADAR:Early Noise 2021」にも選出された次世代の注目アーティスト。自分の「好き」を探しに行こうという気持ちが込められたオルタナティブな楽曲。
SHARE
2021.06.08 15:00

今年躍進が期待されているアーティストとしてSpotify「RADAR:Early Noise 2021」に選ばれ、2月にリリースした1st  EP『PLAY WITH ME』では、各ストリーミング・サイトで多くのプレイリストにピックアップ、メディアやラジオ局からも問い合わせが殺到し注目を集めているカメレオン・ライム・ウーピーパイが、新曲「Amefuri no Bambina」を6月9日(水)リリースした。


本楽曲ではこれまでリリースしてきた曲とは一線を画す新たな世界観が垣間見られる。


「キラキラ眩しい晴れよりも雨や曇りが好き」「大きく確かなものよりも小さくて見えないものが好き」「ここでは無い何処か、これでは無い何かが好き」など、自分の「好き」を探しに行こうという気持ちが込められたオルタナティブかつ次世代のメインストリームを感じさせる一曲となっている。


ジャケット写真のアートワークはこれまでと同様にメンバーが手掛けており、公式YouTubeチャンネルでは、本楽曲のオーディオビジュアライザーが同時公開された。音に合わせてジャケット写真に描かれた空模様が移り変わる、視覚的にも楽しめる映像となっている。



【関連記事】

カメレオン・ライム・ウーピーパイ インタビュー|1st EP『PLAY WITH ME』にインスピレーションを与えた“5つの遊び”




【リリース情報】




カメレオン・ライム・ウーピーパイ

8th Digital Single『Amefuri no Bambina』

2021.6.9(wed) OUT (Download & Streaming)


▷『Amefuri no Bambina』 配信 URL 

https://CLWPRecords.lnk.to/AmefurinoBambinaPR


▷『Amefuri no Bambina (Visualiser)』URL 

https://youtu.be/qfzqID-nPcI



【プロフィール】




Chi-によるソロユニット〈カメレオン・ライム・ウーピーパイ〉。

オレンジの髪が特徴的なChi-。そして仲間にWhoopies1号・2号がいる。

作詞や作曲、レコーディングはもちろん、映像もアイデア出し、小道具を集めるところから、撮影、編集までありとあらゆるものを全て3人のみで手掛け、常に新しいクリエイティヴを生み出し続ける次世代型アーティスト。

2019年末に1stシングル「Dear Idiot」を配信リリース。結成から3年、水面下で磨き上げ、満を持して出した楽曲がSpotifyの公式プレイリストに選ばれ、瞬く間に日本のみならず世界中のリスナーから注目を集め、国内外のレーベルから問い合わせが殺到。ネットには彼らの素性と活動の全貌を知りたいという声が溢れる。

2021年には、Spotify「RADAR: Early Noise 2021」に選出され、今後ますますの活躍が期待されている。

カメレオン・ライム・ウーピーパイの音楽性を一つのジャンルに定義することは非常に難しい。

Chi-が幼少期から親しんできたブラック・ミュージックのオリジネーターたちからの影響が軸にありつつ、そこに80〜90年代のオルタナティヴ・ロックのエッセンスも香る。

――雑多な音楽的ルーツを、ヒップ・ホップやR&Bなど現行の最もヒップな音楽ジャンルに落とし込んでいるという言い方が正しいのかもしれない。

懐かしくも新しい、既存のルールに囚われない、強いて言うならば“ネガティヴ・ポップ”という新たなジャンルをカメレオン・ライム・ウーピーパイは体現している。


WHOOPIE HP:https://lit.link/clwp

オフィシャル Instagram:https://www.instagram.com/chameleon.lime.whoopiepie/

オフィシャル Twitter:https://twitter.com/chi_clw

YouTube オフィシャルチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCP9dFgrskFYoSXX52K2xAyw





SHARE