世界最強のターンテーブルユニット「KIREEK」が解散! 所属レーベルも脱退へ

DJ YASAとDJ HI-CによるKIREEK。結成11年、5回の世界チャンピオンに輝くも、お互いに納得のいく音楽を求めSNSで解散を発表。
SHARE
2018.11.28 23:30

世界最強のターンテーブルユニット「KIREEK」が解散!


DJ/ターンテーブル界における日本人の活躍は目を見張るものがあり、これまでも何人もの世界チャンピオンが登場している。その中でも特筆すべきがDJ YASAとDJ HI-Cによるターンテーブルユニット、KIREEK(キリーク)ではないだろうか。世界最大のDJバトル「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS」において5連覇を成し遂げた、世界最強のターンテーブルユニットだ。


バトルはもちろん、ビッグフェス、海外公演など活躍を続けてきた彼らが突然SNSから解散を発表。同時にDJ HI-Cは所属レーベル「PLANT RECORDS」からの脱退も発表している。レーベルのSNSでは「やりたい音楽性のギャップが目立つようになり、KIREEKとしての活動ではお互い納得のいく音楽を表現出来ないという思いに辿り着きました」と投稿されており、11月いっぱいでの解散となるようだ。




ユニットならではのスタイル


DJバトルといえば個人戦のイメージが先行しているだろうが、KIREEKの2人が勝ち続けたのはチーム部門。しかし個人、チーム部門合わせても5回の優勝を勝ち取ったのはこの2人だけだ。スクラッチやジャグリングなどのスキルはもちろんの事、ユニットならではの2人の掛け合いは言葉では説明できないほど。プレイされている曲を知らないとしても必ずや2人の世界観に引き込まれてしまうのだ。




またお互いのルーティーンを披露している間に楽しんでいる姿も印象的。2人とも個人でもDMCバトルに出るなど、負けず嫌いながらも切磋琢磨しお互いを認めているという事だろうか。バトルとは違い、クラブプレイで見せる2人の魅力もまた素晴らしいものがある。




2015年にはそんな2人の音楽感が詰まったアルバム『ONE in TWO』をリリースしており、今後2人によるDJプレイを見ることはできないが、まだチェックしていない人は音源で2人を知ることもおすすめだ。




今後”生”で2人のグルーブを体験することができないのは非常に残念ではあるが、これはユニットの解散であって2人が音楽活動を止めるわけではない。「いつかこの決断が前向きだったと思えるように、双方が新しい音楽LIFEを進んでいきます」という通り、2人の今後の活動も素晴らしいものになっていくだろう。解散したとしても日本を代表するDJ/ターンテブリストであることに変わりないDJ YASAとDJ HI-Cを、これからも楽しみにしていきたい。



written by #BsideNews


source:

https://www.facebook.com/269266839845779/posts/1620218078083975/

https://www.instagram.com/p/BqraN3YHHnq/


photo: facebook


SHARE