コーチェラでの「サンデー・サービス」Kanye Westが涙するシーンも 新曲「Water」も初披露

圧倒的なインパクトを残したコーチェラでの「サンデー・サービス」。Chance the Rapper、Kid Cudi、Ty Dolla $ignも出席。
SHARE
2019.04.22 12:30

『コーチェラ・フェスティバル2019』にてついに世界配信されたKanye West(カニエ・ウェスト)の「サンデー・サービス」。YouTubeによりストリーミング配信されたライブ映像は最初から最後までKanye Westの世界観が詰まっていた!


聖歌隊やバンドによってKool & The Gang(クール・アンド・ザ・ギャング)の「Summer Madness」を皮切りに、Stevie Wonder(スティーヴィー・ワンダー)「Do I Do」、Gap Band(ギャップ・バンド)「Outstanding」が演奏され、スタートから1時間半ほど経つとKanye Westがマイクを握りライブを開始! 中盤ではアナウンスからニューシングル「Water」を初披露した。






Kanye Westの歴史が詰まったパフォーマンス


通常行われている「サンデー・サービス」は会場も明らかにされていなかったが、出席者によるInstagramなどで内容を垣間見ることができた。そこでパフォーマンスされていたのは自身の曲も含め、「サンデー・サービス」用にアレンジされた曲の数々。今回のコーチェラでのパフォーマンスでも「Father Stretch My Hands, Pt. 1」やJay-Z(ジェイ・Z)との「Otis」からプロデュースしたTeyana Taylor(Teyana Taylor)の「Never Would Have Made It」を次々と演奏し、まるでKanye Westのこれまでの功績を讃えるかのような映像だった!


「Water」のあとに演奏された「Ultralight Beam」では出席していたChance The Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)も参加。さらに曲の途中では2000年代初期を代表するラッパー、DMXが中央で祈りを捧げるとその瞬間に感極まったKanye Westが涙を見せるシーンも。政治的発言などにより、一時業界からも煙たがられていたKanye Westにとってようやく今の本当の自分を見せることができたのだろう。




最新マーチコレクションもリリース!


パフォーマンスに携わったほぼ全員が着用していたことでも注目が集まったであろう、Kanye Westの最新マーチコレクション。ピンクのタイダイ柄のクルーネックスエットからスエットパンツ、Tシャツ、ポンチョ、ソックスまでが現在オフィシャルサイトにて販売が開始されている。ゴスペルイベントである「サンデー・サービス」のマーチコレクションということでHOLY SPIRIT、TRUST GODそして自身の曲である「Jesus Walks」と神にまつわるメッセージが入ったデザイン。売り切れる前に早めにチェックすることをオススメする! 


https://shop.kanyewest.com/







リリースが遅れているニューアルバム『Yandhi』の事など忘れてしまうような衝撃を残したコーチェラでのパフォーマンス。ラッパーFrench Montana(フレンチ・モンタナ)によると「Kanye Westは音楽以上に大きなものに取り組んでいる」らしく、それがアルバムなのか何らかのプロジェクトなのか。いずれにしろ進行中であることは間違いない。キリストの復活祭であるイースターデイに文字通り“神がかり”的なパフォーマンスを披露したKanye West。今年も彼から目が離せないことになるだろう。



written by BsideNews


source:

https://pitchfork.com/news/watch-kanye-sunday-service-at-coachella-2019/

https://www.rollingstone.com/music/music-news/kanye-west-water-coachella-sunday-service-825176/


photo: shop.kanyewest.comvisualhunt.com

SHARE