Kanye WestがPharrell Williamsにインタビュー。お互いに与えた影響、そしてMichael Jacksonについて語る

スーパープロデューサーとしてジャンルを越えた作品を作り続け、ファッション業界までも変えた2人の対談が実現。
SHARE
2020.06.16 03:00

Kanye West(カニエ・ウエスト)とPharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)。この2人の名前はヒップホップだけでなく、音楽を聴く人であれば聞いたことがあるはずだ。ヒップホップやR&Bだけでなく、ロックにゴスペル。音楽のジャンルだけではなく、ファッション業界をも動かしてきた2人による対談が実現した。キャリア初期からお互いを知っていた2人はどう意識し、刺激しあってきたのだろうか?


 


Pharrellの功績はMichael Jacksonに匹敵する


今となっては2人ともファッション業界すらリードするアーティストだが、Kanye WestはPharrellに対して音楽だけでなくファッションでも壁を打ち破った第一人者だと感じているようだ。Kanye Westがピンクのポロシャツを着る前にPharrellはすでに着用し、スケートボードを片手にヒップホップ雑誌『The Source』の表紙を飾っていた。こうした今までのスタイルとは違う自己主張、そして全世代に与える影響力はPharrellから始まったものだとKanye Westは主張する。


こうしたPharrellの功績はMichael Jacksonがひと世代前に与えた影響によく似ており、Michael Jacksonが従来のブラックカルチャーの持つ概念を取り払ったことに匹敵すると、Pharrellが言葉を失うほどの最高評価を伝えたKanye West。これにはPharrellの出身地ヴァージニア州が、近年Kanye Westが傾倒するゴスペル文化の中でも有名な土地柄であることも影響しているようだ。



Kanye Westの家族時間の過ごし方


新型コロナ感染症を避けるためKanye Westは度々SNSにも登場するワイオミング州の山奥に、Pharrellはマイアミにてソーシャルディスタンスを守るため、家族と時間を過ごしているようだ。Kanye Westが「特別な時の流れがある」と語るワイオミングでは古いレコードプレーヤーを持ち出し、Stevie Wonder(スティーヴィー・ワンダー)のアルバム『Songs in the Key of Life』を聴きながら言葉に耳を傾けていると話す。


ワイオミングでは自宅の他にも昨年から着手しているホームレス・シェルターの建設も続行中のようで、一般的なシェルターとは違い”本当の家”を建設し、薬物依存やメンタルヘルスケアにまで対応できるコミュニティを目指すとしている。



「これまでも乗り越えてきた困難を、また僕たちは乗り越えていかなければならない」とパンデミックの影響を語るPharrell。2人は各々の時間を過ごしながらも、ベースとなる音楽の力で今後の世界も牽引してくれるはずだ。




written by BsideNews


source:

https://i-d.vice.com/en_uk/article/m7jexy/pharrell-williams-interview-i-d-magazine


photo: https://www.facebook.com/id.co/photos/?ref=page_internal





SHARE