ストリートシーンを席巻するR&BシンガーJustine Skye(ジャスティン・スカイ)とは?

ミッシー・エリオットやアリーヤをルーツとするR&BシンガーJustine Skye(ジャスティン・スカイ)
SHARE
2018.09.20 02:30

新進気鋭のR&BシンガーJustine Skye(ジャスティン・スカイ)



第二次世界大戦が終了して間もなく、アメリカの黒人たちは自身の存在意義や社会的地位を主張するためにR&Bを確立させた。以後、R&Bはポピュラーな音楽として親しまれている。今回は2018年のR&Bシーンを席巻する新進気鋭のシンガーJustine Skye(ジャスティン・スカイ)の活動内容や魅力を解説する。


Justine Skye(ジャスティン・スカイ)がデビューした経緯



2011年の夏季、Justine Skye(ジャスティン・スカイ)に転機が訪れた。ドレイクの「Headline」をカバーしてインターネット上にアップしたところ、ネットユーザーの間で話題になった。口コミで注目度が高まり、瞬く間に再生回数が100万回に到達し、200万回を突破している。


動画投稿を契機に一躍有名人となったJustine Skye(ジャスティン・スカイ)は、1990年代後半~2000年代前半のR&Bに影響を受け、歌唱力を磨いている。ミッシー・エリオットやアリーヤの楽曲を何度も聴き、研鑽を積み重ねてきた。17歳の時に発表した記念すべきデビュー作「Everyday Living」には、アリーヤのカバー曲を収録している。


 「Everyday Living」は、人気シンガーの楽曲制作に携わってきた実績を有するエリック・ハドソンの協力を得ている。法律家としてエンターテインメント分野で活躍している彼女の母親がエリック・ハドソンとJustine Skye(ジャスティン・スカイ)を引き合わせた。デビュー作が音楽業界で高く評価され、レコード会社との契約にこぎつけた。2013年8月に華々しくメジャーデビューして2015年に「Emotionally Unavailable」をリリースしたものの、2016年に移籍した。ジェイ・Zが代表を務めるレーベルRock Nationに移籍して以降、着実にファンを増やし、R&Bシンガーとして成長を遂げている。



移籍後にデビューアルバムをリリース



Justine Skye(ジャスティン・スカイ)がRock Nationに移籍して約2年が経過した時、ファン待望のデビューアルバム「ULTRAVIOLET」のリリースが決定した。彼女がパープルユニコーンの愛称で親しまれていることから、題名にVIOLETの文字を含めている。


 「ULTRAVIOLET」は、フランク・デュークスやフレッド・ボールなどの名だたるクリエイターが制作に携わっている。ソングライターのメンツも非常に豪華だ。パーティネクストドアやプリンス・チャールズが作詞作曲を手掛けている。彼らとJustine Skye(ジャスティン・スカイ)が試行錯誤を重ねた結果、最新のトレンドと1990年代後半~2000年代前半のR&Bのテイストを融合させている。シングル「Back For More」など全10曲を収録しいる名作だ。因みに、デジタル配信するだけでなく、公式ショップにおいて特典付きのCDをリリースしている。


数々の有名ブランドとコラボレーション



柔らかい歌声と独特の存在感が注目を集めているJustine Skye(ジャスティン・スカイ)は、神秘的な雰囲気を醸し出しているR&Bシンガーだ。化粧品メーカーのM.A.C.は、彼女の才能を高く評価し、コラボ商品の開発を決定した。2017年7月、Justine Skye(ジャスティン・スカイ)のバイオレットカラーのヘアをイメージしたイリデサントパウダーがお披露目された。


 容姿端麗な彼女は、世界で最も美しい顔100人にも度々選出されている。2015年は42位に、2016年は73位にランクインしている。アパレル業界でも彼女の人気と風貌が度々話題になり、ファストファッションブランドForever21が商品のプロデュースをオファーした。Justine Skye(ジャスティン・スカイ)が夏の音楽イベントにピッタリのファッションを提案し、コラボ商品F21・Musicを完成させた。


Photo: https://www.facebook.com/justineskye/


Written by 編集部


SHARE