注目の若手ヒップホップMC、Joey Bada$$が「23歳だからマリファナやめた」宣言。その理由とは?

Joey Bada$$がInstagramストーリーズにマリファナを禁煙していることを自身の見解とともにポストした。その理由と効果のほどは?
SHARE
2018.03.21 11:00

Lil’Pump(リルパンプ)やLil’Xan(リルザン)ら新進のヒップホップアーティストによる脱ドラッグ宣言が相次ぎ、ヘルシー志向が高まっている。そんな中、Joey Bada$$はマリファナを断っていることをInstagramを通じて公言した。16歳から吸い続けていたが、23歳になったことを機にやめてみたそうだ。“禁煙”生活は2ヵ月と7日(投稿時点)続いている。「長く働き続けた高齢者が吸うものだと思う。俺たち若者は達成しなければならないことが多い。目的地に辿り着くまでのんびりやってるヒマはないんだ。俺もそうだったが、ストレスに対してリラックスすることは必要だ。でもそれなら瞑想の方が効果的だよ」と語っている。




70年代と現在のマリファナの違いや、マリファナビジネスについて独自の見解を綴る


Joey Bada$$はマリファナをやめてから、以前の1000倍集中できるようになったと実感しているそうだ。そもそもヒッピーカルチャーが盛り上がっていた70年代と、現在流通しているマリファナは質そのものが違うという。(現在流通しているマリファナは遺伝子組み換えで栽培されたものと本人は断定しているようだ)加えて、アメリカの各州でマリファナ解禁の動きが活発になっているのは“ビジネスとして儲かるから”そして“人々をコントロールする戦略”なのだと警鐘を鳴らす。「気づいているやつらは、自分で調べて行動しつづけろ」とフォロワーへのメッセージで投稿をしめくくった。


23歳になったJoey Bada$$



良くも悪くも発言が話題となるJoey Bada$$だが、マリファナフリー生活を貫き続けるのだろうか。他のアーティストへの影響や今後の動向が楽しみである。block.fmニュース読者はどのように思っただろうか。音楽カルチャーとドラッグの関係性にも触れた「なぜ? オランダの排水には欧州でもっとも多くエクスタシーの成分が含まれている!? 」という記事も併せて読んでみてほしい。



参考:http://www.complex.com/music/2018/03/joey-badass-explains-his-decision-quit-smoking-weed


Written by TOMYMOCHIZUKI

Photo:CINEMATIC WORLD WIDE.COM

SHARE