日中英の3ヶ国語を使いこなすトリリンガルラッパー、JINH bpm tokyoより突如ファーストシングルをリリース

世界標準の超ハイスペックラッパーが突如デビュー。
SHARE
2020.03.27 12:30

日本、中国にルーツを持ち、日中英の3ヶ国語を使いこなすトリリンガルラッパー、JINH。

JP THE WAVY他ヒップホップシーンの中心的アーティストを多数リリースするレーベルbpm tokyoより、突如デビューシングル”Very Good”がリリースされた。


http://smarturl.it/Jinh_VeryGood


公式SNSは近日開設とのことで、現状は多くのヴェールに包まれている彼だが、YouTubeでの公開に先駆けて、iTunes等にて"Very Good"のミュージックビデオが本日より限定配信されており、既存のソロ・ラッパーにはない、その斬新なパフォーマンス・スタイルを確認することができる。

公式プロフィールに記載があるように、中国随一の超難関大学、清華大学に在学中という超ハイスペックな人物像とTRAPヒップホップをベースに英語、中国語を取り入れたエッジーなフロウで世界へ羽ばたく新世代ラッパーの今後の活動にも注目。





【リリース情報】




JINH 1st Single “Very Good”

・Digital Release : 2020年3月27日 (金)

・Label : bpm tokyo

楽曲リンク : http://smarturl.it/Jinh_VeryGood


▶JINH プロフィール


JINH (読み:ジン)

1999.09.06生まれ(20歳)

身長:178cm

国籍:日本 *日本・中国のハーフ

言語:日本語/中国語(上海語)/英語(国連英検特A級)

学歴:清華大学 (中国/偏差値94)在学中

特技:ラップ/ダンス/ピアノ





SHARE