日本のおしゃれラッパーの中には、パリコレブランドに注目される人物までいる

ファッションを通じて自己表現する人が多いラッパー
SHARE
2018.07.24 15:47

ファッションを通じて自己表現する人が多いラッパー


昔から、ラッパーの中には言葉だけではなくファッションを通じて自分を表現しようとする人物が数多く存在する。そして、その中にはファッションモデル顔負けの素晴らしいセンスをもったおしゃれな人物もいて、中にはパリコレブランドに注目されている人もいる。そんな中からおしゃれ番長決定戦優勝者と次点を紹介する。



おしゃれ番長決定戦の優勝者はKOHH


ファッションがおしゃれだと話題の日本ラッパーは数多く存在するが、その中でも近年特に高い支持を集めているのがKOHH(コー)という男性ラッパーである。1990年に東京都北区の王子で生まれた彼は、2014年頃から急に大きな注目を集めるようになったが、ビジュアル的に大きな特徴と言えるのが、顔を除いて全身にタトゥーが彫り込まれている点だ。そして、タトゥーの柄については、何らかの文字が彫られているのではなく、首に彫り込まれたモナリザをはじめ様々な絵が彫り込まれていて体が絵のキャンバス状態になっている。


そんな強いインパクトの外見をもつ彼は、音楽だけでなくファッション面においても早いうちから高い注目を集めるようになった。そして、日本屈指の人気メンズブランド「FACETASM」のデザイナーに気に入られて、2014年秋開催の東京コレクションに俳優の柳俊太郎と共にランウェイモデルとして登場する。このことがきっかけとなって、FACETASMというブランドがパリコレクションに進出してからは、なんとあのパリコレクションにモデルとして出演する事となった。具体的には2017年春夏シーズンのパリコレクション・メンズ部門に、かつて東京コレクションで共演したことのある柳俊太郎と共にランウェイモデルとして登場。ショーでは2回ランウェイに登場して素晴らしいウォーキングを披露し、「FACETASMというブランドのショーに登場したあのモデルは誰?」と大きな話題となる。


さらに2018年にはパリ拠点の世界最高ランクの高級ブランド「Valentino」が彼をモデルにして広告の撮影を行うという極めて大きな出来事が起こった。Valentinoとは、日本やアジアのモデルがショーに登場する事もほとんどないブランドとして知られてきただけに、この出来事はファッション界に大きな衝撃を与えたことで知られる。世界最高ランクのブランドに、独特なファッションセンスを高く評価を受けている彼が日本のラッパー界のおしゃれ番長であることは間違いないと言えるだろう。




準優勝者はm-floのVerbal


KOHHが日本のラッパー界のおしゃれ番長決定戦で優勝者だとすると、それに続く次点・準優勝者として間違いなさそうなのがm-floやTERIYAKI BOYZで活躍するVerbal (ヴァーバル)だ。彼はまだ日本人ラッパーが少なかった2000年前後から、サングラスとおしゃれな服装にて、音楽性だけでなくファッションセンスの高さも高く評価されてきた。2008年からは妻のYOONと共にAMBUSHというジュエリー&アパレルをスタートし、ファッションブランドのプロデューサー・デザイナーとしての顔も持つ。なお、Verbal・YOON夫妻は2015年・2016年と2年連続で世界的ニュースサイト選定の「ファッション界を変える世界の500人」に選ばれていて、2018年には遂にパリコレに進出した。


さらに2018年には妻のYOONがChristian Diorのメンズブランド「Dior HOMME」のジュエリー分野のデザイナーに就任する事が決定。これにより、夫のVerbalにも今後より一層、世界の高級ファッション界から高い注目を集めていく事は間違いなく、Dior HOMMEのショーの観客席で彼の姿を見る事が出来そうだ。そして、彼の国内屈指の素晴らしいファッションセンスが認められれば、世界的ブランドの広告キャラクターに抜擢されるような可能性もあり、Verbalからも目が離せない。




photo:

https://twitter.com/kohh_t20

https://www.facebook.com/pg/astromantic/photos/?ref=page_internal


written by 編集部

SHARE