ニューアルバム『King Of R&B』をリリースしたシンガーJacqueesがファンの夢を叶える

R&B界のキングを宣言したJacquees。様々なバッシングの中でもファンサービスを欠かさない!
SHARE
2019.11.13 11:00

昨年末自身のことを「R&B界のキングだ」と主張し、Trey Songz(トレイ・ソングス)やTy Dolla $ign(タイ・ダラー・サイン)からも嘲笑を買ってしまったシンガーのJacquees(ジャクイーズ)。本人はそんな事は気にもせず、今月8日に『King of R&B』と名付けたセカンドアルバムをリリースした。最近では注目の新人アーティストYK Osiris(YK・オサイラス)とも”R&B界のキング”を巡ってSNS上で口論を展開していたが、自らファンの元を訪れる優しさも兼ね備えているシンガーの1人なのだ。






次世代のKing Of R&B


今の時代で”King Of R&B”を挙げるとすればChris Brown(クリス・ブラウン)の名前が多くの人の頭には浮かぶ事だろう。Jacqueesももちろん過去から現在通して自身が王様だといっているわけではなく、自分の世代においての事だと話している。そんな彼が自信満々にリリースした『King Of R&B』はそのタイトルに違わず、懐かしくも新しいR&Bサウンドが心地いいアルバムに仕上がっている。T.I.やYoung Thug(ヤング・サグ)、Migos (ミーゴス)からQuavo(クエヴォ)とラッパーのフィーチャリングも豪華だ。


オススメは5曲目に収録されている「Good Lovin」。ストレートなR&Bスロウジャムでありながらキャッチーなメロディで思わず聴きこんでしまう1曲。女性に対してセクシーにアプローチしていく歌詞の展開もお見事。




そして現在のヒップホップに欠かせないラッパー、Young ThugとGunna(ガンナ)が参加した「Verify」ではギターの音色が心地いいトラックの上で歌とラップがうまく噛み合い、3人の新たな魅力を感じさせてくれる。




病気のファンを訪問する一面も


大袈裟な発言ばかりが取り上げられてしまうJacqueesではあるが、ファンを大事にする姿勢は彼が人気アーティストであることを証明してくれる。「難病と闘うこどもが持つ夢の実現の手伝いをすること」を目的としたアリゾナ州に本部をおくボランティア団体「Make-A-Wish Foundation」とタッグを組んだJacqueesはロサンゼルスに住む17歳の女性ファンを訪問した。


彼女は重い神経障害を患っており車椅子での生活を余儀なくされているが、以前昏睡状態にあった時彼女の母親がJacqueesの曲をかけると目を覚ましたという。これまでにも何度もライブに足を運び、マーチも購入している彼女にとって憧れのアーティストと過ごした時間は、まさに夢の叶った瞬間だったろう。


訪問し、会話をしただけでなくアルバムに収録されている「Fact or Fiction」を歌ってプレゼントした。




SNSで過剰に注目される言動はあくまでアーティストの一部分だ。こうした才能あるアーティストの魅力ある一面をしっかりと伝えていきたいと思う。まずはニューアルバム『King Of R&B』を是非チェックしていただきたい。




written by BsideNews


source

https://www.hotnewhiphop.com/jacquees-partners-with-make-a-wish-foundation-to-make-teen-fans-dream-come-true-news.95401.html

https://www.complex.com/music/2019/11/jacquees-king-of-r-and-b-stream


photo: jacqueeslive.com





SHARE