2000年代を代表するJa RuleとAshantiがコラボアルバムを制作開始か?

数々のクラシックを生み出した2人が再始動! Jay-Z夫妻に続きコラボアルバムブームの流れになるか?
SHARE
2018.07.04 10:00

2000年代好きにはたまらないJa RuleとAshantiが再びタッグ!


Ja Rule(ジャ・ルール)とAshanti(アシャンティ)と言えば、2001年の「Always On Time」や「Down 4 U」、、2002年の「Mesmerize」などのクラシックを生み出した、当時のヒップホップ/R&Bを代表する2人だ。2010年代に入ると新しいアーティストが増え、リスナーの趣向も変わってきた事から目立たなくはなったが、それでも根強いファンは多く、アメリカ国内だけでなくツアーにも何度も出ている。そんな2人がコラボアルバムを制作との情報が入った。 


公表されたのは先日のBETアワードに出席したAshanti本人から。先日突如リリースされたJay-Z(ジェイ・Z)とBeyonce(ビヨンセ)のコラボアルバム『Everything Is Love』を聴いたJa RuleがAshantiに「オレ達もこんなアルバムを作るべきだ」とコメントし、それにAshantiが応じたようだ! 以前からコラボアルバムの話をしていた2人だというが、Jay-Z夫妻にインスパイアされる形で今回の決断にいたったもよう。


時代を代表するJa RuleとAshanti


2人はデビューの時期こそ違えど、共に2000年代を代表するレーベル「Murder Inc.」に所属していた。Ashantiはデビューアルバム『Ashanti』にて発売初週売り上げが当時のギネス記録になるほど、華々しいデビューをかざった。リードシングルの「Foolish」はその年の年間チャートでも2位に輝いた。さらに同曲はPuff Daddy(パフ・ダディー)のお墨付きをもらいオフィシャルリミックスとして故・Notorious B.I.G.(ノトーリアス・BIG)をフィーチャーするなど話題性も抜群だった。




Ja Ruleも2Pacの再来と当時は言われたほど特徴的な声を持ち、ハードな曲からいわゆる歌ラップまで多彩な才能を発揮し、1999年のデビューから2005年まではビルボードチャート20位以上に彼の名前を見ない時期は少なかったほどだ。Ashanti以外にもR Kelly(R・ケリー)やChristina Milian(クリスティーナ・ミリアン)Jennifer Lopez(ジェニファー・ロペス)ら当時の歌姫との共演も多く、ラッパーではJay-Zの「Can I Get A...」にもフィーチャリングで参加。この曲は当時Jay-Zが聴くまでJa Ruleのソロ曲であったとの噂もある。




2人としての最初のコラボ曲となった「Always on Time」はグラミー賞にもノミネートされた今でもクラブでかかり続けるクラシック! ここからヒップホップ/R&Bを聴くようになった人も多かったのでは?





Jay-ZとBeyonceと違い、ここ数年はリリースしてもヒット曲に恵まれていなかった2人。今回のコラボアルバム制作をきっかけに再び人気を集めるか? ピーク時ほどの注目度ではないにしろ、古くからのファンとしてはアルバムを引っさげてのツアーも期待したいところ。その際は是非日本での公演も視野に入れて欲しい!




written by #BsideNews


source: https://hiphopdx.com/news/id.47422/title.ashanti-ja-rule-planning-joint-album


photo: facebook

SHARE