illmoreがSoulectionからもリリースを重ねるLAのSSW、Devin Tracyとのコラボ作品をリリース

誰もが生きてきた中で経験したことのある苦い想い出や教訓、そして人生そのものを写し出す様なリアリティーを持った一曲。
SHARE
2020.12.04 05:00

東京を代表するライフスタイルレーベル・Chilly Sourceメンバーのビートメイカー、illmoreが海外コラボレーション作品の第三弾をリリースした。


初作では台湾ネオソウルの新星LINION(リニオン)とコラボレーション曲「Virtual Lover」が、日本語と中国語合わせて20以上のSpotifyプレイリストに入り、Youtube Music J-Soul/R&Bプレイリストではカバーに抜擢されるなど、大きな話題を呼んだ。


続く第二作ではシンガポールのSSW、Joie Tan(ジョイー・タン)をフィーチャリングした「Displaced」が世界8ヶ国のプレイリストに入り、改めてその高いクオリティーの楽曲で多くの人を魅了した。



今作のコラボ相手はLAの人気レーベルSoulectionからもリリースを重ねるSSW、Devin Tracy(デビン・トレイシー)。ニューヨークでボーカルやジャズを勉強した後、2017年にJ.Robb(J・ロブ)がsoulectionからリリースしたEP「Soulection White Label - J.Robb」にボーカリストとして参加。ハイクオリティーなファルセットボイスで圧倒的な信頼を勝ち得えて、2018年には同レーベルから自身のオリジナルEP「Soulection Black Label: Devin Tracy」をリリースし多くの反響を呼んだ。


illmoreのビートの上で、「Did This Before(前にもこれやったよね)」とDevin Tracyの美しい歌声で繰り返されるそのフレーズは、誰もが生きてきた中で経験したことのある苦い想い出や教訓、そして人生そのものを写し出す様なリアリティーを持った一曲となった。チャレンジと飛躍を繰り返したillmoreの2020年の集大成となる作品をぜひチェックしてみよう。







【リリース情報】




illmore feat. Devin Tracy “Did This Before”

https://lnkfi.re/DidThisBefore_20201204


[第2弾]

illmore feat. Joie Tan  “Displaced” 

https://lnkfi.re/displaced_20201106


[第1弾]

illmore feat. LINION  “Virtual Lover” 

https://lnkfi.re/virtuallover_20201002


Released from Good Music Party

https://www.instagram.com/goodmusicparty/

https://twitter.com/goodmusicparty


【illmore】

東京発のライフスタイルレーベルChilly Source のメンバーで、大分を拠点に活動中。過去には日本最大級のトラック/ビートメイク・グランプリ『BEAT GRAND PRIX』で2015年、2016年と2年連続での決勝進出やアパレルブランド、AZUL by moussyのCM楽曲制作、Apple福岡オープニングBGMの制作、さらにラッパーKOJOEの2017年リリースアルバム「here」へ6曲楽曲提供を行う。

2018年には自身が使用する機材"MASCHINE"のメーカーNATIVE INSTRUMENTSが主催するトーク・セッション・イベント"Native Sessions"がRED BULL STUDIOにて開催されKOJOE、DJ MITSU THE BEATSらと共に出演しビートメイクの極意を披露した様子がDOMMUNE (ドミューン)から生配信された。同年11月には自身の1stアルバム「ivy」をリリースしKOJOE、おかもとえみ、SHOHEY from THREE1989、CHICO CARLITO、BASI等が参加し好評を得る。

2019年にはKOJOEと共にBUPPONのアルバムをプロデュース、BASIの最新アルバム「切愛」収録曲への楽曲提供等、今後の活躍が最も期待されているビート・メイカー。


https://www.instagram.com/_illmore_/

https://twitter.com/illmore18


【Devin Tracy】

ニューヨークでボーカルやジャズを勉強した後、2017年にJ.RobbがsoulectionからリリースしたEP “Soulection White Label - J.Robb”に収録された楽曲「GoodLovinn」「TakeMee」にボーカリストとして参加。ハイクオリティーなファルセットボイスで圧倒的な信頼を勝ち得えた彼は、2018年には同レーベルから自身のオリジナルEP “Soulection Black Label: Devin Tracy”をリリース。EvilNeedleやJ.Robbがプロデュースした「Favorite Lover」「For Me」などは高い評価と反響を呼び、2019年にはNETFLIXの人気ドラマ“Dear White People” 2020年にはHBOのヒットショー“I May Destroy You” などに楽曲を提供するなど活躍の幅を広げている。


https://www.instagram.com/devintracy/

https://twitter.com/DevinTRacy






SHARE