IK Multimedia、Oberheim OB-X、OB-Xaを再現した音源「OXa」を期間限定で無償配布開始!

名ヴィンテージシンセのサウンドを踏襲したソフトシンセが6月17日まで同社のニュースレターに登録することで無料で手に入る。
SHARE
2020.06.04 12:00

音楽機材メーカーのIK Multimediaが、ソフト音源「OXa」の無償配布を開始。2020年6月17日までに同社のニュースレターに登録することで無料で手に入る。



Van Halenの「Jump」のイントロ・リフでおなじみの「Oberheim OB-X」サウンド  


「OXa」は、時代を超えて愛されるアナログ・シンセサイザー「Oberheim OB-X」とその後継機「OB-Xa」のサウンドを収録したソフトシンセ音源。1979年〜1981年にかけて製造されたOB-Xは、Oberheimのサウンドを特徴づけるSEMフィルターによる、滑らかかつ切れ味の良いサウンドが特徴で、Van Halenの「Jump」のイントロ・リフで使用されたように、洗練されたフックのあるサウンドで知られる。





無償提供中の「Syntronik Free」、「SampleTank 4 CS」があれば使用可能 


同音源は、IK Multimediaが販売する「Syntronik」、「SampleTank 4(または3)」といったプラグインで使える拡張音源だが、いずれのプラグインを所有していないユーザーも同社のユーザー・エリアにて無償で提供されている「Syntronik Free」、もしくは「SampleTank 4 CS」をオーサライズ、インストールすることで利用可能になる。



なお、IK Multimediaでは先述の「SampleTank 4」が、7月2日までの期間限定で最大35%オフになるセールも実施中だ。


「OXa」の無償配布に関する詳細はIK Multimediaの公式サイトでチェックしよう! 


written by Jun Fukunaga 


source: https://www.ikmultimedia.com/news/?item_id=9573&L=JP


photo:

IK Multimedia Twitter 


SHARE