ナビゲーターやDJ、番組名、記事タイトル、文中ワードで一括検索することができます。

注目のキーワード

    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX

    「今年最もイビサでShazamされた曲」から読むシーンの変化、トレンドはEDMからテックハウスへ

    2019/10/14 (Mon) 09:00
    admin

    クラブの現場でShazamされた結果からわかった今年のイビサトレンドからはハウス人気がうかがえる。Peggy GouやFisherなど注目曲をピックアップ。

    この記事をシェア

    クラバーにとっての”聖地”イビサ。今年は一体どんな曲がフロアを盛り上げたのかは気になるところだが、最近、今シーズンのイビサで最もShazamされた曲トップ10が発表された。 

    ダンスミュージックシーンのトレンドがEDMからテックハウスに移行している中、実際にDJたちから現場で信頼される曲としてプレイされたのは果たしてどんな曲だったのだろうか? 発表された結果から今年のトレンドの傾向を読み取りたい。

    今年最もShazamされたのはイタリアの新鋭によるネタものハウス 

    ランキング1位に輝いたのは、1986年にリリースされたThe S.O.S. Bandのディスコクラシック「The Finest」のヴォーカルをサンプリングしたハウス「Joys」。こちらはイタリアの新鋭プロデューサー、Roberto Suraceによるもので、名門ハウスレーベル「Defected」からのリリース。「Defected」のコンピレーション『DEFECTED PRESENTS MOST RATED IBIZA 2019』にも収録された今年のイビサを代表する1曲だ。

    ※追記:当初この楽曲を「テックハウス」と紹介しておりましたが、beatportとTRAXSOURCEのカテゴリ分けを参考に「ハウス」と修正いたしました。

    歌モノハウスやエレクトロも人気に 

    4位には日本でも大人気で今年はEDC JAPANにも出演したPeggy Gouによる「Starry Night」がランクイン。昨年は名門レーベル「Ninja Tune」からリリースされたキャッチーな歌モノハウス「It Makes You Forget (Itgehane)」が特大クラブヒット曲となり、2018年を代表する1曲として数々の年間ベストでも存在感を示したことも記憶に新しい。「Starry Night」は、「It Makes You Forget (Itgehane)」の路線を引き継いだ新曲で今年4月にPeggy Gou自身が運営するレーベル「Gudu Records」からリリースされた『MOMENT EP』に収録。最近、公開されたシネマティックなMVも話題になっており、2019年の年間ベスト入りへの期待が高まる。

    5位は、世界で最も稼ぐDJことCalvin HarrisとRag'n'Bone Manによるコラボ曲「Giant」。EDMスターのイメージが強いCalvin Harrisだが、脱EDM的だった『Funk Wav Bounces Vol.1』以降は、それともまた違った”ハウス回帰”的なアプローチを続けており、昨年はDua Lipaを迎えエキゾチックな90s風ハウスをリリース。今年1月にリリースされた「Giant」は、ソウルフルなヴォーカルとジャジーなアプローチのトラックで人気曲になっている。

    また6位にはMarie Davidsonが昨年、先述の「Ninja Tune」からリリースしたアルバム『Working Class Woman』に収録された「Work」のリミックス曲がランクイン。ハード機材を駆使して制作されるボディなエレクトロトラックをエレクトロのレジェンド、Soulwaxがよりボディにリミックス。00年代のエレクトロ全盛期を思わせるこの曲のトレンド化からは、来年以降のエレクトロ復権の可能性も感じ取れる。

    テックハウスのトレンド化を象徴するFisherによる2曲がランクイン 

    そして、このランキングで最も注目すべきは、トップ10中、唯一2曲ランクインさせたテックハウスのトレンド化を象徴するプロデューサーFisherだ。 

    昨年の大ヒット曲で第61回グラミー賞でも最優秀ダンスレコード部門にもノミネートされた出世作「Losing It」が3位にランキングしたほか、今年5月にリリースされた新曲「You Little Beauty」が10位にランクイン。「Losing It」と同じくフロア直撃のテックハウスになった同曲ではLoleatta Holloway「Love Sensation」のヴォーカルをサンプリング。反則気味の大ネタ使いはフロア受け抜群だ。

    このように実際のイビサのクラブでは、以前のビッグルーム系EDMよりもテックハウスやハウスといった、よりフロアフィールな曲が人気になっているようだ。この流れを日本に伝えるべく東京・SOUND MUSEUM VISIONでは「EDGE HOUSE」が毎週開催されている。気になる人は足を運んでみてはいかがだろうか? またblock.fmでは同パーティと連動した番組「EDGE HOUSE RADIO」も放送中なのでこちらもあわせてチェックしてほしい。

    今年イビサで最もShazamされた曲トップ10は下記のとおり。

    1. Roberto Surace - 'Joys'

    2. Meduza Feat. Goodboys - 'Piece Of Your Heart'

    3. FISHER - 'Losing It'

    4. Peggy Gou - 'Starry Night'

    5. Calvin Harris & Rag'n'Bone Man - 'Giant'

    6. Marie Davidson - 'Work It' (Soulwax Remix)

    7. Barbatuques - 'Baianá '(Pablo Fierro Edit)

    8. Guy Gerber - 'What To Do' (&Me Remix)

    9. CamelPhat & Elderbrook - 'Cola' (Club Mix)

    10. FISHER - 'You Little Beauty'

    written by Jun Fukunaga 

    source:https://mixmag.net/read/top-tracks-ibiza-shazam-news

    photo : David Boyle

    関連タグを見る:

    この記事をシェア

    TOP NEWS

    06/23 UPDATE
    Alison Wonderlandによるエレクトロニックショー
    Alison Wonderland

    RADIO WONDERLAND #265
    エレクトロニックミュージックを中心に紹介して行く、DJ/プロデューサーAlison Wonderlandによるウィークリープログラム。ゲストコーナー「808s and Mates」には彼女に近しいアーティストが登場し、インタビューやゲストミックスをお届けします。

    2022/06/25 00:00
    |
    60 min
    06/24 UPDATE
    米テキサス発 DJユニットが日本人を躍らせたい!
    Wavedash

    Wavedash Radio Episode 8
    米テキサス州オースティンを拠点とするバンド/DJユニットのWavedashがクールな音楽とトークを繰り広げる番組!!今夜は夏をテーマにしたミックスをお届け☀️

    2022/06/24 23:00
    |
    60 min
    06/24 UPDATE
    FPM田中知之が今をお送りする番組
    田中知之

    FPM’s Transient Vol.8。今回は、先日銀座TORIBA COFFEEで開催されたイベント「Fête de la musique」のイメージを再現した選曲でお届けします。

    2022/06/24 22:00
    |
    60 min