ダンスミュージックラバーたちの聖地、イビザにあるクラブでの遊び方

野外パーティから泡パーティまで!!イビザのオススメクラブを紹介!!
SHARE
2018.06.24 07:55


ヨーロッパ屈指のリゾート地であるイビザ島



イビザ島はスペイン頭部にある島で、有名な観光地となっている。そんなイビサでの夜の楽しみ方といえばクラブハウスでおS鳥明かす事ではないだろうか。ここではイビザにある有名なクラブハウスの特徴や遊び方を紹介しよう。


クラブに行く前に海外での遊び方を確認


では、イビザのクラブに行く前に、海外のクラブでの遊び方について学んでおこう。日本のクラブハウスでも言えることだが、クラブハウスによって特色があるので、事前の下調べは念入りに行っておく必要がある。特に海外のクラブハウスに行く前にチェックしておきたいのが周辺の治安だ。日本だとだいたい地域によって治安が良いか悪いかわかるが、行ったことのない海外では全く分からないだろう。安全に楽しむためにも、実際に行った人のブログなども交えながら治安については確認しておきたいところだ。


 そして、その地域のルールなどもしっかりと学んでおきたい。例えばクラブハウスに入店するときの服装だ。日本ではわりと服装に関しては制約がないのだが、海外ではかなりチェックが厳しいところもある。セミフォーマル以上の服装であればまず問題は無いだろう。


更に料金も確認しておきたい。日本では庶民も楽しめるような料金設定になっているが、例えば中東地区の場合、クラブは富裕層が楽しむものなので、日本と同じような感覚で参加すると、一晩で数万円が飛んで行ってしまうこともあるのだ。

 そして、クラブに行く際は最低限のお金だけ持っていこう。海外はスリが多いので不必要なお金は持ち歩かないのが基本となる。


イビザの有名クラブハウスをチェック



海外でのクラブの遊び方を学んだところでイビザでとくに有名なクラブを二つピックアップしよう。

 パチャは1970年代から営業を始めている、イビザでも特に有名なクラブハウスだ。イビザを題材にした小説の中にもパチャは実名で登場している。

 実なイビザはクラブの聖地とされていて、そんなイビザで有名なクラブハウスであるパチャは文字通り全クラブハウスの聖地といっても良いだろう。イビザに音売れたら、クラブが好きな人も、そうでない人も、一度は訪れて損はない観光スポットといえるだろう。パチャの特徴としてすべてのイベントのクオリティが高いことがあり、実際に訪れた人からはそして内装が豪華でテラスハウスが気持ちいいという意見が多い。ある意味インスタ映えする場所といえるのではないだろうか。


 Amnesiaは現在、イビザで最も暑いクラブハウスとして有名だ。Paul van DykのCreamなど、世界的にも有名なDJが毎日のようにイベントを開催しているので、世界最高峰のクラブイベントをいつでも体感することが出来る。Amnesiaはシンプルなフロア構成になっているので、クラブに慣れていない人でもわかりやすく、踊りやすいだろう。


イビザに行ったら泡パーティーを体験



イビザのクラブの遊び方について語るうえで外すことが出来ないのが、先ほど紹介したAmnesiaをはじめ、様々なクラブハウスで開催されている泡パーテイーだろう。名前を聞いてもピンとこない人が多いと思われるので、どんなものか詳細を解説しよう。

 とはいえ、泡パーティーは本当にその言葉通りのパーティーで、泡を発生させるマシンを使ってフロアに大量の泡を発生させ、文字通りフロアを泡まみれにさせるイベントだ。


 たかが泡となめてかかってはいけない。泡パーティーで発生させる泡の量は尋常ではなく、実際に参加した人の中にはフロアの熱気や密閉感も手伝って本気で死を覚悟した人も居るくらいだ。


 泡パーティーはだいたい日曜日と水曜日の深夜5時半ごろから始まり、1時間にわたって泡が尽きるまで泡が降り注がれる。気になる遊び方だが特に難しいことはなく、泡まみれの中をただただ踊りまくるというとてもシンプルなイベントとなっている。最近では人気に伴って開催される曜日が変わっているようなので、興味がある人は開催される日時をチェックしておこう。


 泡パーティの遊び方を知ったところで、参加する際には注意しておくことも確認しよう。一つ目はズブ濡れになるので濡れてもいい服装で参加することだ。水着であれば濡れても関係ないので問題ないだろう。ただ、特に女性の場合はイベント中に水着を脱がそうとする男性もいるので、ホックの外れにくい水着の方が安全だろう。


Photo: https://www.facebook.com/Pacha/


Written by 編集部


SHARE