星野源選曲! YMOやはっぴいえんど曲を収録した細野晴臣ベストアルバムがリリース

ソロ曲のほか全ての細野晴臣ワークスから厳選した38曲が収録。9月にはアナログ盤でもリリースされる予定だ。
SHARE
2019.08.28 04:30

現在、海外でも再評価が行われている細野晴臣だが、本日、そんな細野ワークスの中から星野源が選曲したベストアルバム『HOSONO HARUOMI compiled by HOSHINO GEN』がリリースされた。




本作はレーベルの垣根を越えた細野ワークス全38曲をコンパイル。「僕は一寸」、「恋は桃色」など1973年のソロデビュー作品『HOSONO HOUSE』収録曲のほか、細野晴臣がメンバーだったはっぴいえんどの「風をあつめて」、YMOの「Firecracker」、「Cosmic Surfin’」、「Absolute Ego Dance」、忌野清志郎、坂本冬美と結成したユニット、HISの「日本の人」、高橋幸宏とのエレクトロニカユニット、SKETCH SHOWの「GOKIGEN IKAGA 1・2・3」などから、「三国志メイン・テーマ」のようなレアなシングル曲が収録されている。





リリース形態CD2枚組となり、9月25日(水)には3枚組のアナログ盤もリリースされる。また同日、Cornelius こと小山田圭吾選曲による『HOSONO HARUOMI compiled by OYAMADA KEIGO』もあわせてリリースされる予定だ。 


なお、11月には細野晴臣デビュー50周年を記念したドキュメンタリー映画『NO SMOKING』が公開される。こちらはトレイラーが今月公開され、話題になったばかり。出演は細野晴臣ほか、YMOメンバーの坂本龍一、高橋幸宏をはじめ、小山田圭吾、水原希子、水原佑果ら細野とは近しい人物たち。さらに作曲家のVan Dyke Parksや、細野の「Honey Moon」をカバーしたシンガー・ソングライターのMac DeMarcoといった海外のミュージシャンもクレジットされている。



written by Jun Fukunaga 


source: 

http://hosonoharuomi.jp/news/


photo: ビクターエンタテインメント Twitter


SHARE