TYOSiNが旗揚げしたバンド・Help Me Plyzが、セルフタイトルアルバムからのリード曲「New Balance」MVを公開

4月10日(土)にclubasiaにて行われるイベント「BLOCK」にて初ライブも決定。
SHARE
2021.03.29 11:00

TYOSiNが旗揚げしたバンド・Help Me Plyzが、先日リリースしたセルフタイトルアルバムからのリード曲「New Balance」のビデオを公開した。



バンドの始まりを高らかに歌い上げる疾走感溢れるMVのディレクションは、発信するもの全てを自分たちで行うインディペンデントなスタイルで活動するコレクティブ「BASICA」のYusuke Kaidaが担当。


また、Help Me Plyzは4月10日(土)にclubasiaにて行われるイベント「BLOCK」にて初ライブを行う。





『Help Me Plyz』アルバム配信リンク: https://linkco.re/rUPnY5SS




Help Me Plyz(ヘルプミープリーズ)

ラッパー/シンガーとして活動するTYOSiNが旗揚げしたバンド「Help Me Plyz」。

バンドメンバーには、“fulusu”、“XANY”のギター/コンポーザーJoseph Gen、“XANY”のドラマー、“ARKHAM”のShaun Pxlly、“fulusu”の佐藤旬介、DJに以前から交流のあったビートメイカーATSUKIが参加。

各分野で音へのこだわりを持ったメンバーで制作した渾身のセルフタイトルアルバムを2021年3月にリリース。


Instagram:https://www.instagram.com/helpmeplyz/


Twitter:https://twitter.com/helpmeplyz



TYOSiN(トキオシン)

東京都出身。LA「Midnight Society」にアジアから唯一所属。

70万登録を誇るYouTubeChannel「デーモンastari」からの楽曲・MVピックアップ、韓国「ULTRA KOREA」へ出演、Spotify日本バイラル50チャートへのピックアップ、HYSTERIC GLAMOURのLOOK BOOKに起用されるなど2019年豊富な話題を提供したTYOSiN。

先行シングル「Lotus」のリリースを経て、2020年にギターサウンドを中心としたスロートラックがメインに制作された意欲作「blue blue」がリリースされた。


同作には米国から、Lil Peepの盟友であるCharlie Shufflerのラブコールを受け、プロデューサーとして参加している。





SHARE