【レビュー】過ぎ去った時代を振り返るSKOLOR&RAq「Timeflies」など注目の新譜を聴く

他にも“ImmiGang”Moment Joonの強烈な令和マニフェスト、チルくて煙たいジャパニーズマゲニーズの新MVを紹介。SKOLOR&RAqからはコメントも。
SHARE
2019.06.10 07:00

日本を拠点のひとつとして活動するヒップホップアーティストを、ライターの主観でセレクト。SKOLOR&RAqの新譜、Moment Joonによる令和時代のマニフェスト的楽曲、ジャパニーズマゲニーズの煙たいMVをピックアップ。





SKOLOR&RAq/Timeflies:オーセンティックなビートの上で、青年期の喪失感をラップ




このセレクト記事でもたびたび紹介させていただいている韓国と日本で活動するSKOLOR(スカラー)。今回はジャジーヒップホップの人気コンピレーションタイトル『IN YA MELLOW TONE』シリーズにも継続的に参加しているRAq(ラック)とのコラボだ。


RAqは2014年にEP『Lost Tapes vol.1』、翌年には『Lost Tapes vol.2』のリリースを経て、2017年に1stアルバム『アウフヘーベン』をリリースしているラッパーだ。RAqとSKOLORはSKOLORの昨年のEP「WTMM」で共演。「WTMM」は昨年の下半期のベストリリース作品のひとつとして僕の記事パートで選出させてもらっている。


▶関連記事

今すぐ聴ける! 2018年を代表する名作・衝撃作 block.fmチョイス


共演した際、SKOLORはRAqの持っているオーセンティックなヴァイブスを気に入り、今回の「Timeflies」のような楽曲を作りたいと思ったという。2人はコーヒーを飲んでチルしたりと交流する仲で、東京で会うことが多かったが、今回はRAqが韓国を訪れた際に制作とMVを撮影したとのこと。


歌われているテーマは青年期の喪失感だ。年々早く感じていく時間の流れやそれに伴う変化、仲間と過ごす時間の尊さを歌う。喪失感にさいなまれながら、今までやってきたこと、そしてこれからも前に進んでいくという決意が綴られている。


エモーショナルでトラッピーな楽曲が多いSKOLORは歌うようなラップが特徴のひとつだが、「Timeflies」ではそのナリを潜め、キャッチーさをキープしつつ固い押韻と滑舌のいいオーソドックスなラップに徹している。


MVは楽曲の雰囲気と合わせ、古い工場や店が立ちならぶロケーションで撮影。懐かしさを感じられるようなMVにしたいとSKOLORが得意とするVFXはほとんど使われていない。Kanye West(カニエ・ウェスト)がCOACHELLAで行ったSUNDAY SURVICEのような、カメラレンズから覗いているような演出にもレトロな雰囲気が漂っている。


何気ない平和な時間は、過ぎ去ったあとにその尊さを実感する。週末の午後のような平和なひとときを表現したかったと語る楽曲をぜひチェックして、何気ない時間の大切さを振り返ってみてほしい。SKOLOR、RAqからそれぞれ楽曲についてコメントがもらえたので紹介する。


SKOLOR:まだ世間的には自分たちは若い歳なのかもしれないけど、振り返ると時間の流れ早すぎじゃね? というところがコンセプトになっています。これから出る、自分とラック君のアルバムもぜひ聞いてください! block.fmにもっと姿を現したいです。みんなよろしくお願いします。


RAq:SKOLOR君が最高なテーマを考えてくれたので、リリックがサクサク書けました! 20代中盤〜後半の焦りを表現しています。予定のない週末の午後のように、平和で落ち着いた感じに仕上がっています。自分でもずっと聴いています。MVやストリーミングの再生回数が伸びたらSKOLOR君とコラボ曲つくるので、皆さんめっちゃ聴いてください!!! 笑


【Spotify】https://open.spotify.com/album/23vxKsZ9TfaATLJLKXw9h1?si=ZU8xx08PQQGlupilk8xf2A

【Apple Music】https://music.apple.com/jp/album/timeflies-single/1465932860





Moment Joon/令和フリースタイル:ImmiGangによって上げられた新時代の狼煙




令和を迎えた今とこれから。日本に住んでいて僕を含む日本人のヒップホップカルチャー好きがMoment Joonを知らずして何を知る。というか、耳の肥えたリスナーはとっくにチェックしているだろう。「ImmiGang」というキーワードをもとに、「移民」として自己をレペゼンする、韓国出身の多言語ラッパーである。


5月には昨年12月にリリースされた「Immigration EP」を配信版としてリリース。SKY-HI(スカイハイ)やKEN THE 390(ケン・ザ・390)の楽曲にもフィーチャーされ、その知名度を広げている。





Moment Joonの魅力は自虐を取り入れつつ、「偏見」や「ヘイト」を逆手にとったハイコンテクストな表現にある。独自のアイデアとユーモアをラップに落とし込み、シニカルにSNSやマスメディア、社会を風刺する様は痛快である。


そんな彼が、「令和フリースタイル」と題してドロップされたこの音源は、今日本が直面している問題とその本質を、恐ろしく冷静で客観的な視点からごっそりエグり出している。


定番の質問「日本に何しに?」

今答えは「お前を殺しに」そんなの聞かれない日本が

見たいならば君だってMy people


このライン「Immi Gang」の名はダテじゃないことが分かるだろう。文字ヅラだけ見ると、陰鬱でひねくれているように見えるかもしれないが、僕には現状の日本を憂いながらも、希望と可能性に満ちあふれたポジティヴな問いかけに聴こえる。この悪魔的皮肉の魅力が伝わるならば、Moment Joonの楽曲を楽しむことができるはずだ。




世界に誇れる日本のミュージシャンを紹介する音楽番組「MUSIC SHARE」の#70にも登場。Redbull Music Studio Tokyoで行われた生放送ライヴがアーカイヴされているのでぜひ、ユーモアと皮肉を孕んだ苛烈で甘美な言葉のひとつひとつを味わってみてほしい。Moment Joonとその音楽が広く受け入れられるような日本が僕は見たいし、そんな新時代を生きていきたいと思う。




『Immigration EP』

【Spotify】https://open.spotify.com/album/2CEQAkrZMiSpDWNylvq2If?si=bCPveHH5QL-NLAx3JignDw

【Apple Music】https://music.apple.com/jp/album/immigration-ep/1461525686


ジャパニーズマゲニーズ/Real Stoner feat.PERSIA&VIGORMAN:ぶっちぎりのストーナーチューンで、一息つこうよ



とにかくね、リラックスしたいならこれ。京都の孫GONG(ソン・ゴング)、大阪、竜巻一家のドン・JAGGLA(ジャグラ)は数々のアーティストのインタビューを配信する人気コンテンツ「ニート東京」、Abema TVによるプログラム「SMASH HIT」にフィーチャーされることで、かねてから彼らを支持していたコアなヒップホップリスナーだけでなく、ネットを通じて全国にその存在が知られることとなった。


危険物取り扱い注意のキャラ立ち濃厚な2人は、ジャパニーズマゲニーズとしてユニットを結成。そして3月にはアルバム『TRIP MASTER』をリリース。アルバム収録の「Real Stoner feat.PERSIA&VIGORMAN」のMVが公開された。


早くも10万回を越えているこちらのMV。タイトルも煙たいけれど、内容もめちゃくちゃ煙たい。チルなビートに乗せて、JAGGLA、孫GONG、WILYWNKA(ウィリー・ウォンカ)とともに変態紳士クラブとして活動するVIGORMAN(ビゴーマン)、 J-REXXX擁するDIGITAL NINJA RECORDS所属のPERSIA(ペルシア)といった京都、大阪のレゲエ、ヒップホップアーティストがそれぞれリラックスしたフロウを披露している。咳き込む声も聞こえてきそうな(実際聴こえる)ストーナーチューンである。


何がいいって、みんな楽しそうで平和。まるで、仲間たちとコーヒーを飲みながら馴染みのコーヒースタンドで談笑しているそんな感覚だ。SNOOP DOGG(スヌープ・ドッグ)とかWiz Khalifa(ウィズ・カリファ)のMVでしか見たことないような、どデカイキセルや曲線が美しい多様なガラスボングが登場するので、喫煙具コレクターが観ても楽しめるMVだろう。


人類の文明には必ず喫煙をした形跡が残っていて、滅びた古代文明の遺跡からも必ず喫煙の証拠となるようなものが出土するそうだ。つまり、人類は紀元前より生活の一部に喫煙という習慣を取り入れていて、何かをくるんで何かしらを煙にして吸引してきたということになる。しかしこのソースは親戚のおじさんなので、真偽のほどは定かでないのであしからず。


細かいことは気にしないでとにかくリラックスして楽しそうにしている面々を見ているだけで、不思議とこちらもリラックスしてくる。2019年の上半期も終わりに差し掛かり、ツメツメのスケジュールにうんざりしている現代社会を生きる皆様、タバコでも一服しながらこちらのMVをボーッと眺めてみてはいかがだろう。あれ、なんだか酩酊してきたなー。と思ったら僕の場合、疲れとタバコのニコチンによるただの立ちくらみでした。


『TRIP MASTER』

【Spotify】https://open.spotify.com/album/4o6ZYVVVm9nUxhrqGUpdsk?si=7ZKhTsohQvy_4rJUl2-YPA

【Apple Music】https://music.apple.com/jp/album/1456643996?app=music&mt=1


block.fmライターが楽曲をセレクトする記事で、僕が紹介した楽曲のプレイリストをSpotifyで作成した。月毎に紹介した楽曲をまとめて更新していく予定。




▶5月のアーティストピックアップ記事

block.fm:Domestic Hiphop Selection by Tomy①

block.fm:Domestic Hiphop Selection by Tomy②

block.fm:Domestic Hiphop Selection by Tomy③

block.fm:Domestic Hiphop Selection by Tomy④


written by Tomohisa“Tomy”Mochizuki


photo:SKOLOR YouTube





SHARE