ちゃんとバックアップしてる? 外付けHDDの購入を検討している人は必見! タイプ別のおすすめ機種を紹介

データの保存からバックアップまで! 様々な種類がある中で、便利でおすすめな外付けHDDをタイプ別に紹介
SHARE
2019.02.13 08:30

便利でおすすめな外付けHDDをタイプ別に紹介


パソコンの空き容量が少なくなったり、テレビ番組をもっと録画して保存したいという時に便利なのが外付けHDDだ。パソコンやテレビに内蔵されているHDDを交換する必要性がなく、簡単に容量を増やす事が可能だ。そこで今回は、ポータブルタイプと据え置きタイプ、それぞれでおすすめな外付けHDDを紹介する。




おすすめなポータブルタイプの外付けHDD


最初に紹介するおすすめな外付けHDDは、バッファローのポータブルHDD 1TB 「HD-PNF 1.0 U3」だ。シンプルでありながらオシャレなデザインとなっていて、本体表面はマット塗装されている。イエローやピンク、ブラックなど全6種類のカラーから選べる事ができる。この外付けHDDには、自分のパソコンでHDDをロックする事が可能な「おでかけロック」機能と呼ばれるものが搭載されている。そのため、もしポータブルHDDを外に持ち歩いている際に紛失しても、他のパソコンからパスワードがない限り、データを見られる事はない。また、この外付けHDDはスリムなボディで持ち運びやすくセキュリティ機能も備わっているので、外で仕事をする機会が多い人などにはおすすめな外付けHDDと言える。


次に紹介する外付けHDDは、アイ・オー・データの ポータブルHDD 1TB「 EC-PHU3W1」だ。市松模様がボディ表面にデザインされている事でおしゃれ感もある外付けHDDと言える。ボディ自体はスリム化されていて、持ち運びも便利な外付けHDDだ。USB2.0とUSB3.0どちらの規格にも対応できるのが特徴で、本体にあるLEDランプの色でどちらと繋がっているかが分かるようになっている。


3つ目のおすすめな外付けHDDは、トランセンドジャパンのポータブルHDD 1TB 「StoreJet 25MC TS1TSJ25M3S」。米軍の落下試験にも合格したほどの衝撃耐性がある外付けHDDなので、万一持ち運んでいる際に落としてしまっても安心だ。またこの外付けHDDに搭載されている機能「ワンタッチ自動バックアップボタン」を押せば、簡単にバックアップの作業ができるようになっている。普段から外付けHDDを持ち歩く事が多い人にはおすすめな製品と言える。





おすすめな据え置きタイプの外付けHDD


1つ目に紹介するのは、アイ・オー・データの外付けHDD 4TB 「HDCZ-UTL4K/E」だ。スペースを取らずにスッキリおく事ができる据え置き型の外付けHDD。コンパクトでもあるので、テレビの録画に使いたい時でも隙間に設置しやすい構造となっている。約1mの長さがあるUSB3.0ケーブルが付属されていて、テレビから多少離れた場所でも設置可能だ。地上デジタルの場合、最大約500時間の録画が可能な他、使用中の動作音が静かなのもこの外付けHDDの特徴である。


次に紹介するのは、バッファローの外付けHDD 4TB 「HDV-SQ4.0U3/VC」。24時間使用し続けても安定した動作を実現していて、動作中の音もほとんど気にならない。そのため、動作音が気になるという人にはおすすめな外付けHDDと言える。ただ、この製品はテレビを買い替えた場合、HDDのデータを引き継げないというデメリットがあるのでそこは注意が必要だ。


3つ目に紹介するのは、シーゲイト・テクノロジーの外付けHDD 8TB「 Expansion STEB8000100」だ。8TBという大容量の外付けHDDなので、パソコンに保存されている大量の動画ファイルや写真データなども問題なく移行できる。USB3.0という高速通信規格に対応しているので、データのやり取りが遅い事によるストレスもほとんどないと言える。1.2mのUSBケーブルが付属しているため、設置場所を選ばないという利点もある。



written by 編集部


photo: facebook





SHARE