ネット発のシンガーソングライター春野、最新曲「Love Affair」をリリース リリックビデオ公開

ずっと真夜中でいいのに、空音のサウンドプロデュースやアーティストプロジェクトMAISONdesにも参加で話題のシンガーソングライター。
SHARE
2021.08.26 11:00

これまでに自身の楽曲リリースの他、「ずっと真夜中でいいのに」「空音」のサウンドプロデュースをするなどマルチな才能を発揮するネット発のシンガーソングライター・プロデューサー、春野。


直近では、大ブレイク中のアーティスト・プロジェクト MAISONdesが先週リリースした最新曲「Grumpy feat. 春野, Aqu3ra」に作詞、作曲、アレンジで参加するなど、各方面から注目を集めている。



そんな春野が、6月にリリースしたShin Sakiuraとのコラボ曲「Angels」に続き、最新曲「Love Affair」を8月25日(水)に配信リリースした。本作は淡い恋心を綴ったラブソングで、春野のスムーズなフロウとグルーヴィーなトラックがマッチした、夏の終わりに聴きたいメロウネスな1曲に仕上がっている。


春野オフィシャルYouTubeチャンネルにて同曲のリリックビデオも公開となった。






【リリース情報】




2021年8月25日(水)リリース

Digital Single「Love Affair」


作詞、作曲、編曲:春野

配信リンク:https://jvcmusic.lnk.to/Love_Affair


春野オフィシャルYouTubeチャンネル:https://youtube.com/c/harunoiswhoo


【プロフィール】




作詞・作曲・トラックメイキング・ミックス・マスタリングまで自身でおこなうなど、マルチな才能を発揮するネット発の次世代シンガーソングライター・プロデューサー春野。これまでに自身でストリーミングサービスやYouTubeなどを中心にオリジナル楽曲を発表・リリースし話題を呼び、2020年にはEP「IS SHE ANYBODY?」をリリースしiTunesおよびApple MusicのR&Bチャートで1位を獲得。ジャズやヒップホップに影響を受けたという彼のサウンドは、Lo-Fiヒップホップやジャズ、現代的なポップスまでクロスオーバーするスムースでグルーヴィーなトラックが特徴的。またその包み込むようなシルキーな歌声と人々の心を揺さぶる叙情的なリリックが話題となり人気急上昇中。

2021年6月にはShin Sakiuraとコラボした約1年ぶりとなる新曲“Angels”をリリース。


オフィシャルサイト

https://haruno-official.com/


YouTubeチャンネル

https://youtube.com/c/harunoiswhoo


Instagramオフィシャルアカウント

https://www.instagram.com/iswhooo/


Twitter オフィシャルアカウント

https://twitter.com/xupxq_





SHARE