Gorillaz「Song Machine」シリーズ最新曲「Friday 13th」リリース! 客演はOctavian

コラボシリーズの第4弾となる新曲では昨年サマソニ出演予定だったUKラッパーをフィーチャー。
SHARE
2020.06.11 10:00

バーチャルバンドのGorillazが、今年1月からスタートした新プロジェクト「Song Machine」シリーズの第4弾、最新曲となる「Friday 13th ft Octavian」をリリースした。



Gorillaz最新曲に注目のUKラッパーOctavianが客演  


日本時間6月10日に急遽発表された同曲では、昨年サマソニに出演する予定だった注目のUKラッパーのOctavianが客演。現在は、バンドの公式YouTubeチャンネルにメンバーの2D、Noodle、Murdoc、RusselらやOtavianが登場するMVも公開されているが、こちらの映像はロックダウン中に自宅でセルフ撮影したものだという。また本曲発表にあわせて、メンバーのRusselは、「全ての日は暗闇の中で始まり、暗闇の中で終わる、しかしその間には光がある」とコメントしている。





SlowthaiやGeorgiaなどUK若手注目株も参加する「Song Machine」シリーズ


「Song Machine」シリーズでは、すでにMura Masaとのコラボでも話題を呼んだSlowthaiとパンクバンドのSlavesとの「Momentary Bliss」、マリ出身の俳優でシンガーソングライターでもあるFatoumata Diawaraとの「Désolé」、そして、この4月にはNew Orderのベースシストとして知られるPeter Hook、アップカミングなUK出身のプロデューサーでありドラマーのGeorgiaとの「Aries」が公開されている。まだ「Song Machine」シリーズをチェックしていなかったという人はこの機会に公開済みの4曲を一挙チェックしてみてはいかがだろうか?



なお、Gorillazは、フルカラー&120ページ以上の大ボリュームな内容で20年もの彼らの栄光の歴史を収めた公式ブックで、キャリア初のイヤーブック「ALMANAC」を日本ではWarner Music Direct独占で各種数量限定で販売する。現在、その予約が受付中だ。 


written by Jun Fukunaga



SHARE