女子会におすすめ! 女性たちのドラマとコメディを描き出す海外ドラマ

20代から30代の女性たちへの刺激と共感とファッションを合わせた海外ドラマを紹介
SHARE
2018.06.10 13:59

女性たちの悩みや話題は尽きない。恋愛から、次の日のコーデまで毎日悩んでしまうもの。そこで悩みやストレスを吹っ飛ばしたいためにも、共感したり、ドラマチックな恋愛を見てみたらスッキリさせてはいかがだろうか。一人でじっくりと、女子会でわいわいとも観れる女性たちに向けた代表的な海外ドラマ5選を紹介。


不動の女性たちの”教科書” ?「セックス・アンド・ザ・シティ(Sex and the City)」




海外ドラマの代表格でもあり、女性たちの恋愛と、シティライフの”バイブル”となっている「セックス・アンド・ザ・シティ(Sex and the City)」。マンハッタンを舞台に、タイプの違う自立した女性4人の恋愛、仕事、友情をコミカルに描き、その”あるある”ネタから、共感の嵐が巻き起こった。25分の1話完結型のシリーズなので、女友達たち気軽に観れて、1話ごとのテーマについて話し合える一作となっている。


リッチなティーンたちの恋愛ドラマに釘付け !「ゴシップ・ガール(Gossip Girl)」




もしマンハッタンに住むセレブティーンたちのドラマをのぞき見したいなら、「ゴシップ・ガール(Gossip Girl)」が一押し。ゴージャスなパーティと高級なカジュアルファッションと過激的な恋愛ドラマから目が離せなくなるシリーズ。シーズンを通して主人公たちの事情をよく知りながら、語り部となっている”ゴシップ・ガール”の正体は誰なのか?海外ドラマならでは、シーズン一気見させる中毒性。




庶民的で共感しやすい"こじらせ"女子たち「ガールズ(GIRLS)」




「Gossip Girl」がリッチ過ぎて共感しづらいという人には「ガールズ(GIRLS)」はいかがだろうか。マンハッタンに住む4人の20代半ばのミレニアル世代の、いわゆる”こじらせ”女子たちが、仕事も恋愛も上手くいかず、不器用にもコミカルなマンハッタンライフを描いている。「ゴシップ・ガール(Gossip Girl)」に出てくるファッションやライフスタイルはリッチでゴージャスな反面、「ガールズ(GIRLS)」は庶民的な生活と楽しみを軽快に描いているため、共感性も高い。「スター・ウォーズ(Star Wars)」の新3部作でカイロ・レン役のアダム・ドライバーも「ガールズ(GIRLS)」の奇妙なボーイフレンド役で話題となり、人気を博したことでも有名。


結婚は”ゴール”ではなく、ドラマもいっぱい?「デスパレートな妻たち(Desperate Housewives)」




都会での女性たちの暮らしだけが刺激的なドラマやライフスタイルを送っているとは限らない。「デスパレートな妻たち(Desperate Housewives)」は閑静な郊外の住宅街を舞台に、”夫婦”や”家庭”を共感的でありながらミステリアスに描き出している海外ドラマとなっている。”結婚”がゴールとしてではなく、その後での家庭内の悩みや騒動も波瀾万丈に描き出しており、多くの人たちを夢中にさせた。だって、お隣さんの噂話はやめられないものでしょう?


女の子たちには”秘密”が付き物 。「プリティ・リトル・ライアーズ(Pretty Little Liars)」




郊外の女子高生たちだって秘密とドラマはあるもの。「プリティ・リトル・ライアーズ(Pretty Little Liars)」というタイトル通りに仲良し5人組のティーン女子たちの一人の謎の失踪を追うミステリーをメインに、それぞれの仲良しの女の子たちが、今まで話せずにいた秘密も明らかになってくる。女子たちには秘密や隠し事が付き物なのは、ティーンから身に付けたよう。


恋愛やライフスタイルだけではなく、女性主人公たちのおしゃれなファッションスタイルにも注目できるので、参考になれる海外ドラマは豊富。次のお泊り女子会の海外ドラマ一作は見つかった?


Photos:

https://www.facebook.com/sexandthecity/photos/a.441173061203.228035.329320336203/10150485425431204/?type=3&theater

https://www.facebook.com/sexandthecity/

https://www.facebook.com/GossipGirl/

https://www.facebook.com/girlsHBO/

https://www.facebook.com/DesperateHousewives/

https://www.facebook.com/prettylittleliars/



Written by 編集部


SHARE