シンガポールのSSW・Gentle BonesとCharlie Limが初タッグ。シングル「Two Sides」をリリース

シンガポール出身の実力派アーティストGentle Bonesと、TENDREとの共演経験もあるCharlie Limによる楽曲がリリース。
SHARE
2020.04.24 10:30

2020年4月17日(金)、シンガポールでもっとも多作で知られる2人のシンガーソングライターのGentle Bones(ジェントル・ボーンズ)とCharlie Lim(チャーリー・リム)が、初めてタッグを組み「Two Sides」をリリースした。



ほろ苦いメロディーが魅力の本作は、Gentle Bonesが今年リリースする予定の10枚のシングルのうち「Why Do We?」「Be Cool」に続く3番目の作品である。「Two Sides」は、Gentle Bones率いる新鋭のレーベル「Yung Lee Records (YLR)」からのリリースとなっている。


Gentle BonesとCharlie Limが共同で作詞作曲した本楽曲は、人間関係のあらゆる「二面性」を表現している。軽快なビートで始まりリスナーに希望を抱かせつつも、どこかか弱く物悲しい雰囲気を漂わせる。 Gentle BonesとCharlie Limは長年に渡ってお互いの作品のファンであり、90年代後半/ 2000年代初頭のボーイバンドへの愛情を込めて、独自のサウンドを作り上げた。この美しい歌声のハーモニーにノスタルジーを感じずにはいられない。


本楽曲は、共感や寛大さが重要とされる困難なこのご時世に人々が一致団結するため作られた、恋煩い、そして孤独に苦しむ人のためのメッセージとも言える。





【アーティスト情報】


Gentle Bones(ジェントル・ボーンズ)

Instagram |Facebook |Youtube

東南アジア各国で数々のコンサートをソールドアウトさせ、海外のフェスを行脚するシンガポール出身の実力派アーティスト。シンガポールのミュージシャンで初めてユニバーサル・ミュージック・グループと契約を結び、当時は英語で歌う最年少アーティストとして注目を集めた。2016年にはその芸術性が評価され、世界的な経済誌 “Forbes” の「Forbesが選ぶ30歳未満の30人」に選出されている。「I Wouldn’t Know Any Better Than You」はSpotifyで2000万回再生を突破し、2019年後半にはSpotifyの「最も再生回数の多かったシンガポールアーティストTop5」に選ばれている。


Charlie Lim(チャーリー・リム)

Instagram |Facebook |Youtube

シンガポールを拠点に活動するシンガーソングライター/プロデューサー。アルバム『TIME/SPACE』『CHECK-HOOK』がシンガポールのiTunesチャートで1位に上り詰めると、シンガポール最大の新聞 The Straits Timesによる「ベスト・ポップアルバム・オブ・ザ・イヤー」、Apple Music Singaporeによるアワード「ベスト・オブ・ザ・イヤー」に選出され、東南アジアの現代ポップミュージックシーンにおいて一際異彩を放つ存在となっている。日本ではSummer Sonic Tokyo、Fukuoka Asian Picksなどにも出演。2019年には、青山・月見ル君想フにてTENDREとの2マンライブを開催。


楽曲リンク:

https://song.link/i/1503435140





SHARE