Flying Lotusによる史上最もグロテスクな映画『KUSO』、1週間限定で再上映決定!

昨年8月に渋谷・シネクイントで公開された話題作が、再び6/14(金)より一週間限定で上映される。
SHARE
2019.06.05 12:00

マグマのごとく燃えたぎるイマジネーションを詰め込んだ超大作にして最新アルバム『Flamagra』の世界的な大ヒットを祝し、Flying Lotusの初長編監督作品『KUSO』が再上映されることが決定した。



史上最もグロテスクな映画『KUSO』が1週間限定で再上映


『Flamagra』には、Anderson .Paak、Solangeら人気アーティストをはじめ、Flying Lotusとは縁が深いThundercatらが参加するなど、豪華なゲスト陣が発売前から話題に。また同アルバム収録曲「More」のMVは、日本のアニメ監督、渡辺信一郎が手がけており、そちらも大きな話題になっていたことは記憶に新しい。



今回は、その『Flamagra』のヒットを受けて、『KUSO』が再上映されるとのことだが、同作は”史上最もグロテスクな映画”として、2017年のサンダンス映画祭にて物議を醸した作品だ。また先述の『Flamagra』とは関連する作品でもあり、もともと『KUSO』のサウンドトラックとして起用された音源が多く収録されているという。



再上映は、昨年8月に上映を行なった渋谷・シネクイントにて6/14(金)より一週間限定で行われる。昨年、見逃した人はこの機会に鑑賞することをおすすめしたいが、すでに鑑賞済みの人も『Flamagra』を聴くことで新たな視点のもと、同作を鑑賞することができるかもしれない。





『Flamagra』は現在好評発売中  


なお、『Flamagra』は現在好評発売中で、国内盤にはボーナストラック「Quarantine」を含む計28曲が収録され、歌詞対訳と吉田雅史による解説、若林恵と柳樂光隆による対談が封入されている。初回生産盤CDは豪華パッケージ仕様となり、Tシャツ付セット(BEATINK.COM限定でXXLサイズ取扱あり)も限定数発売中だ。また2枚組となる輸入盤LPには、通常のブラック・ヴァイナルに加え、限定のホワイト・ヴァイナル仕様盤、さらに特殊ポップアップ・スリーヴを採用したスペシャル・エディションも発売されているぞ! 


 また6月8日より2日間開催される「WARP」30周年記念ポップアップストアでは、最新作『Flamagra』の発売を記念したTシャツ、ロングスリーブTシャツ、パーカーが発売されるので、気になった人はそちらも要チェックだ。 詳細はこちらのリンク先にて。 


written by Jun Fukunaga



SHARE