Floating Points、最新アルバム『Crush』リリース! 初期衝動を取り戻した最高傑作

サマソニ「NF」出演も話題になったUKの人気プロデューサーがアルバムリリース日発表にあわせて新曲「Last Bloom」MVを公開した。
SHARE
2019.08.29 08:00

ロンドンを拠点に活動する作曲家/プロデューサーで、今年のサマソニ「NF」出演でも注目を集めたFloating Pointsが、最新アルバム『Crush』をリリースする。 


関連記事:サマソニ「NF」で見るべき! Akufen、Floating Pointsのライヴセット、DJセットをチェックしよう



2015年にリリースしたデビューアルバム『Elaenia』は、その年を代表する重要作の1枚という評価を獲得。それに続くファン待望のアルバムとなるのが、今年、名門レーベル「Ninja Tune」契約後にリリースする本作だ。 


『Elaenia』では、ジャズ、クラシック、エレクトロニカ、サイケロック、さらにはブラジリアン・ ポップにいたる様々なジャンルの境界線を曖昧にして、聴き手が踏み込める世界を巧みに構築していたが、『Crush』では即興性のある初期衝動の感覚、音楽的成熟、コンポーザーとしての探究心、熱心なセレクター/DJとしての一面、そして音楽に対する情熱といったFloating Pointsの様々な側面が融合し完成したものになっているという。 



「Ninja Tune」契約後にリリースした新曲「LesAlpx」はレフトフィールド寄りながらもどこかジャジーな要素もあるテッキーなエクスペリメンタルハウスだったが、Floating Pointsは今回のアルバムリリース発表にあわせて新たに新曲「Last Bloom」のMVを公開。浮遊感のあるキレイなシンセと疾走感のあるブレイクビーツは、クラブで朝を迎える頃に聴いてみたい。





「LesAlpx」、「Last Bloom」を収録した『Crush』は、「Last Bloom」10月18日(金)に世界同時リリースされる。アブストラクトなアートワークは、前作 『Elaenia』と同様、Sónar 2019での登場でも話題となったバルセロナのハミル・インダストリーズが手掛け、ヴィジュアルは自然界をクローズアップしたものになっている。


国内盤は数量限定の特殊パッケージと通常パッケージの2種類を発売予定。また、2種類の国内盤はどちらも高音質で楽しめるUHQCD(Ultimate High Quality CD)仕様、さらにボーナストラックが追加収録され、解説書が封入される。現在、iTunesでアルバムを予約すると、公開中の2曲がいち早くダウンロードできる。「NF」でのDJプレイを見てFloating Pointsにハマった人はマストでチェックするべし!



【リリース情報】 

FLOATING POINTS『CRUSH』 

release date: 2019/10/18 FRI ON SALE 

限定特殊パッケージ盤CD BRC-615LTD ¥2,400+税 

国内通常盤CD BRC-615 ¥2,400+税 

 [国内盤仕様] ボーナストラック追加収録/高音質UHQCD/解説書封入 


 [ご予約はこちら] 

http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10474


written by Jun Fukunaga



SHARE