天才ウクレレ少年あらわる! わずか10歳で世間を騒がせたその実力とは!

困難を乗り越え開花させたその才能。数々の名曲をカバーした動画がすでに話題に。
SHARE
2018.08.07 22:00

台湾から世界へ! 天才ウクレレ少年


台湾出身のわずか10歳の少年がなにやらインターネットで話題になっている。楽器を演奏する子供。ここまではよくある話なのだが、その実力は大人顔負けどころか世界が驚愕するほど。扱う楽器はウクレレで、ウクレレと聞くと何かゆったりとした、心地のいい音を奏でるイメージだがこの子の場合はそれだけではない。


この子の名前はFeng E(ファン・イー)君。ウクレレから自在に奏でる音でギタリストTommy Emmanuel(トミー・エマニュエル)の「Classic Gas」やThe Beatles(ビートルズ)の「Blackbird」をアビーロードで演奏する映像などがYouTube上で注目され、天才少年登場と話題を集めているのだ!





 「Asia’s Got Talent」にも出演


アメリカのスター発掘番組「America’s Got Talent」のアジア版である 「Asia’s Got Talent」でもファン君は素晴らしいパフォーマンスを披露し、集まった観客だけでなく審査員の心も鷲掴みにした。その時の審査員であり、Celine Dion(セリーヌ・ディオン)らを世に送り出したことでも知られるプロデューサーDavid Foster(デイヴィッド・フォスター)は「ウクレレをおもちゃのようだと考えている人が多いが、そうでないことを彼は証明した」と語っており、審査員からの最高評価である「ゴールデンブザー」をファン君に押すほどだったのだ!





困難を乗り越えて開花した才能


ファン君のキャリアのスタートは決して意図するものではなかった。楽器に触れるきっかけとなったのは学校の先生がファン君の両親に「指の発達が遅いようだ」と伝えたこと。この話を聞いたファン君の父親は過去にギターを弾いていた自身の経験から、楽器の演奏が指の敏捷性を育てることを思いつき息子と共に楽器を使って遊ぶようになったという。


当初ファン君はウクレレに興味を示さなかったが、父親とのレッスンが終わるごとにレゴで遊んでいい条件付きで練習していくうちに没頭し、類稀なる才能を開花させた。現在のファン君の素晴らしい演奏があるのは父親との二人三脚の成果と言えるだろう!





ファン君は台湾のウクレレフェスティバルで日本の若きウクレレ奏者Rio(リオ)ともセッションを果たすなど、すでに日本にもその名前は知れ渡りつつある。逆に今度は日本でのセッションとなるか? 日本でのパフォーマンスを見られる日も楽しみだ!



written by #BsideNews


source:

http://www.reshareworthy.com/boy-plays-classical-gas-on-ukulele/

https://www.godupdates.com/kid-guitarists-performance-wows-crowd/

http://www.visiontimes.com/2017/11/22/a-stunning-performance-by-a-10-year-old-boy-on-asias-got-talent.html


photo: facebook

SHARE